ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 

2021年

Red Hat APAC Innovation Awards 2021

2021年10月27日

本賞は、クラウド案件で顕著な功績をあげたパートナーに授与されるもので、今回、大手金融機関さまのクラウド・データ・マネジメントの一大プロジェクト受注が評価されました。

「日立のクラウドジャーニーを支援するサービス」の一環として、Veeamと協業し提供している「仮想マシン移行ソリューション」は、お客さまの保有するシステムの特性に合わせ、ハイブリッドクラウドへの迅速な移行を実現します。

  • Veeam® は、Veeam Softwareの登録商標または商標です。
Red Hat APAC Innovation Awards 2021

Red Hat APAC Innovation Awards 2021
「ハイブリッドクラウド基盤およびクラウドネイティブ開発」部門を受賞

2021年10月20日

Lumadaのプラットフォームの一つとしてRed Hat® OpenShift® を採用し、サービスの具体例として量子コンピュータを疑似的に再現して「組み合わせ最適化問題」を高速に解くことができる計算技術であるCMOSアニーリング* に適用したことを高く評価いただきました。

今後「CMOSアニーリング」を活用したLumadaソリューションのコンテナ稼働環境として活用することを検討しています。

* 量子コンピューターを擬似的に再現して、高速に問題を解く日立独自の計算技術。詳細はこちら。
AWS Authorized Instructor Champion

AWS Authorized Instructor Championに日立社員が認定

2021年9月15日

「AWS Authorized Instructor Champion」は、アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)が定める受講アンケートの評価や担当するコース数などの実績要件を満たし、AWSの厳正な審査により優秀と認められた講師に対して認定されるものです。
このたび、AWSが認定する研修における実績が評価され、日立の三木隆史が8月に認定されました。

日立は今後もAWS技術者の育成を積極推進し、Lumada*を通じてお客さまのDX推進とクラウド活用の加速を支援いたします。

* Lumadaは、お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーの総称です。
AWS Japan Accreditation Award 2020 of the Year

AWS Japanトレーニングサービス本部長 岩田 健一様(写真左)
日立IoT・クラウドサービス事業部 Software CoE 本部長 加藤明(写真右)

2021年6月24日

自社のエンジニア育成に力を入れているAWSパートナーを表彰する「AWS Certification Award 2020」において、2020年4月からの1年間でAWS AccreditationのBusiness編、Technical編ともに突出した数の認定者を輩出したことを受け「AWS Japan Accreditation Award 2020 of the Year」を日立が受賞しました。

6月24日に日立製作所 横浜事業所にて記念盾の贈呈式があり、記念盾が授与されました。
当日の写真および受賞コメントは、AWS Japan APNブログに掲載されました。

AWS Japan Accreditation Award 2020 of the Year

2021年5月18日

アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)がグローバルで提供するパートナープログラム「AWSパートナーネットワーク(以下:APN)」において、日立の社員が「2021 Japan APN Ambassadors」および「2021 APN AWS Top Engineers」に選出されました。

日立は今後もAWSとの連携を深め、デジタルイノベーションを加速するLumada事業を通して、お客さまのDX推進やクラウド活用を加速する取り組みを強化していきます。