ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

概要

近年、さまざまな業種において、Webシステムを複数のOS、Webブラウザ、デバイスなどで利用できるようになり、利用環境の整備が急速に進んでいます。この変化に対応するために、複数環境でWebシステムを利用可能にすることが早急に求められています。

この課題を解決するには、複数環境に対応したWebシステムを、より短期間で効率よく開発する必要があります。
しかし、各環境による差異を考慮したシステム開発は、環境別の作業やソース管理などが複雑になりがちで、コストや作業期間の増大が懸念されます。

「nexacro beyondソリューション」は、Webシステムで利用される各OS、Webブラウザ、デバイスで動作するアプリケーションの開発基盤を統一し、システム開発コストの削減に寄与します。

複数のOS

複数のOSのイメージ(Windows、iOS、Android…)

複数のWebブラウザ

複数のWebブラウザのイメージ(Internet Explorer、FireFox、Google Chrome…)

複数のデバイス

複数のデバイスのイメージ(PC、タブレット端末、スマートフォン…)

nexacro beyondソリューションとは、ワンソースで複数環境向けのアプリケーション構築を実現するソリューションです。

ポイント

  • 環境差異は「nexacro beyond」の実行基盤で吸収するため、コスト・期間を低減できます。
  • GUI操作で迅速にモックアップを作成・修正できるため、画面デザインにかかる時間を短縮できます。
  • 標準技術(XML、CSS、JavaScript)で開発できるため、技術習得・開発者獲得が容易にできます。

特長

特長@ 機能性

  • 迅速にモックアップを作成することで、要件定義での漏れや認識の相違を抑制できます。
  • 要件を早期に明確化できます。動く画面を見ながら、認識合わせができます。

特長A 効率性

  • GUI操作により簡単に画面開発ができるため、画面開発の生産性を向上できます。
  • 作成した画面を即時に確認できるため、テストに掛かる工数を削減できます。

特長B 保守性

  • ワンソースでマルチデバイスに対応できるため、デバイス追加時の開発量を低減できます。
  • 画面、データ、ロジックが疎結合のため、レイアウト変更による影響を低減できます。

機能性、効率性、保守性の3つの特長で開発をサポート

ソリューションイメージ

[nexacro beyondソリューションを利用したアプリケーション構築のイメージ]nexacro beyondソリューションを利用したアプリケーション構築では、アプリケーションサーバとクライアント端末の疎結合によって構築を行います。アプリケーションサーバでは、新規/既存のJavaアプリケーション(Java、REST(※1:画像の下に脚注あり、以下同様)のAPI)が利用でき、データ変換、業務処理、DBアクセスを行います。クライアント端末では、HTML5とJS(※3)を用い、画面作成、画面遷移、画面表示を行います。アプリケーションサーバとクライアント端末の間のデータのやり取りはXMLとJSON(※2)が利用できます。構築されたアプリケーションは、複数のOS(Windows、iOS、Android…)、Webブラウザ(Internet Explorer、FireFox、Google Chrome…)、デバイス(PC、タブレット端末、スマートフォン…)に対応するマルチデバイス対応で、デバイスごとに最適化された複数レイアウトをワンソースで管理できます(Multi Layout Manager STEP(画面分割))。また、スクリーンサイズ自動対応機能(Position(リサイズ))により、新機種の発売などによる画面サイズの変更、追加を自動で補正します。さらに、クライアントサイドMVC(※4)により、変更に強いアーキテクチャを実現し、デザインとロジックを分離させた疎結合アーキテクチャとデータ連携をサポートします。

ソリューションイメージ(拡大)

※1
REST:Representational State Transfer
※2
JSON:JavaScript Object Notation
※3
JS:JavaScript
※4
MVC:Model View Controller

関連情報

製品紹介サイト

製品紹介動画

  *
「nexacro」及び「nexacro beyond」は株式会社トゥービーソフトの商標または登録商標です。
  *
その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  *
記載の仕様は、製品の改良などのため予告なく変更することがあります。
  *
本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法の規制ならびに米国の輸出管理規制など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。
なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。