Hitachi

融資ソリューション基盤は、勘定系システムとのリアル/バッチ連携ができます。
また、営業支援、不動産担保評価、財務入力、行内文書管理、収益管理、債券書類管理といった関連サブシステム群とバッチ連携します。

融資ソリューション基盤は、総合融資支援DBで融資関連情報を一元管理します。
また、CYBERWORK/融資支援、CYBERWORK/格付・自己査定の必要な機能だけを利用するプラグイン型ソリューションのメリットがあります。
CYBERWORK/融資支援のプラグインには、稟議支援、顧客管理、事務支援、保証人管理、担保管理の機能があり、CYBERWORK/格付・自己査定には、格付・自己査定の機能があります。

また、これらの融資ソリューション基盤はハード共有することもできます。