Hitachi

データセンタには、総合融資支援システム、基幹系システム、関連サブシステムを設置し、すべて基幹ネットワークに接続しています。

総合融資支援システムは、総合融資支援 Web/APサーバ、運用管理サーバ、DBサーバ、そして運用端末1台があります。
DBサーバに接続されるディスクアレイ装置は、データバックアップ装置によりバックアップ処理を行います。
総合融資支援システム内に運用端末が1台あります。
総合融資支援システムへのアクセスは、統合認証システムなどを経由して負荷分散処理します。

基幹系システムは、情報系ホスト、勘定系ホストがあります。
総合融資支援システムのDBサーバと基幹系システムの情報系ホストが、リアル/バッチ連携を行います。

関連サブシステムは、営業支援システム、財務システム、不動産担保評価システムがあります。

データセンタ内のシステムに対して、次のようなさまざまな端末が接続します。

  • 営業店のインフラPC、役席端末(営業店から財務入力センタへ財務諸表を送付)
  • 財務入力センタ
  • 融資部門
  • 監査部門
  • リスク管理部門
  • 不動産担保評価システム