ページの本文へ

コンセプト

金融機関向けデータ利活用サービスは、金融機関の抱える課題を深く理解して“めざす姿”の構想を一緒に策定し、金融機関に最適な進め方で伴走することで、金融機関のビジネスへのデータ利活用を促進させるサービスです。

お客さまの抱える課題を深く理解して実施すべきことを具体化しお客さまに合った進め方で伴走・代行することでデータ利活用を実現

トータルサポートのイメージ(拡大)

概要

本サービスは、金融機関のデータ利活用における現場の人財不足を解消する伴走・代行型のコンサルティングサービスと、各金融機関に合わせたインフラ機能を提供するものです。データ利活用のPDCAサイクルが高速に循環可能な状態を作り出し、業務改革をワンストップで支援することで、金融機関での新たなニーズの発掘や業務の高度化の推進をサポートします。まずは銀行向けに提供を開始し、その後金融機関全体に広げていく予定です。

特長

本サービスでは、短期間でデータ利活用のPDCAサイクルを循環させることで、常にデータをビジネスに活用できる状態を維持し、複雑化・多様化する金融機関のデータ利活用のニーズに応えます。金融業界を含めた幅広い業界のデジタル変革を支援してきた日立の経験をもとに、実案件で得たさまざまな視点でのデータ利活用の知見やノウハウ、成功事例やユースケースを提供します。

トータルサポートのイメージ(拡大)

(1)伴走・代行型支援による人的負担の軽減とノウハウ蓄積

現状の課題整理と解決のためのシナリオ検討、収集するべきデータの整理、収集したデータの分析などの作業を、スキルをもった日立の技術者およびアドバイザーが金融機関と一緒に取り組むことで、金融機関における人的負担を軽減し、データ分析のノウハウを組織内に蓄積することが可能です。また、金融機関に対し幅広い業務システムを提供してきた日立の知見・ノウハウを活用し、適切な課題の発見や業務改革をサポートします。 さらに稼働後も稼働後も課題やめざす姿をヒアリングするなど、継続的な支援を行います。

(2)スピーディーで柔軟なインフラ機能提供

本サービスは、オンプレミス、クラウド環境(Hitachi Intelligent Platform)*1両方に対応可能であり、ETLツール*2やBIツール*3などの各種ツールについても、金融機関が既に使用しているツールを活用できるため、各金融機関に合わせたスピーディーな開発が可能です。また、ローコードツールを活用しているため、データ取得や分析において大規模な開発を省けるため、スモールスタートから徐々に機能を拡張するなど、柔軟な対応が可能です。

*1
Hitachi Intelligent Platform:DXの構想からアプリケーション開発、基盤提供、運用まで成功事例の活用で、迅速、確実に支援。
*2
ETLツール:データの抽出(Extraction)、加工(Transformation)、ロード(Loading)の処理をGUIで開発するツール
*3
BIツール:企業が持つデータを分析・見える化して、経営や業務に役立てるソフトウェア

サービスイメージ

データ収集からデータ利活用に渡り、IT基盤の提供に加えて導入および導入後の運用がスムーズに進むよう各種支援サービスも提供することで、金融機関のデータ利活用を一気通貫でサポートします。

MOSアニーリングの利用に必要となる、ハードウェア、ソフトウェア、アプリケーションまでを搭載したプラットフォームを、月額制のクラウドサービスとして提供します。開発環境やアプリケーションの構築・保守が不要となるためコストを大幅に削減でき、また導入期間も短縮できるため、迅速かつ手軽に利用できます。また、専門チームのコンサルティングにより、業務上の課題解決を強力にサポートします。

サービスイメージ(拡大)