ページの本文へ

Hitachi

現場向けセンシングソリューション

現場向けセンシング
ソリューション

現場向けセンシング
ソリューションとは?

日立の自社工場をはじめ、
さまざまな現場の知見を活かした
センシングとデータ分析の技術を提供します。

  • 現場設備のデータを収集できていない
  • データ収集のシステム導入をしたいが、設備の一時停止や工事がネック
  • 現場から収集したデータを活用し、運用・保守業務を高度化したい
  • 現場から収集したデータの分析スキルを持つ人材が不足している

日立のセンシング技術で
現場データを自動収集し、
データ分析技術により
業務改善を支援します!

ラインナップ

  • 設備点検自動化サービス

    自社工場での実績・ノウハウを基に実用化したセンサーを用いて、設備の停止や工事をすることなく、設備データを自動収集します。

    詳細

  • センシングコンサルティングサービス

    センサーを開発している経験豊富なエンジニアが、現場に適したマルチベンダーのセンサー選定など、IoT導入に伴う各種センシング技術の検討から実装まで支援します。

    お問い合わせ

  • データ分析・業務改善支援サービス

    多くの分野のプラント業務に精通しているエンジニアが、現場の経験とデータ分析スキルを活かして、お客さまのデータを分析し、業務改善を支援します。

    お問い合わせ

ユースケース

巡回点検の効率化

現場に無線センサーを後付けすることにより、リモートで状況を監視できます。遠隔地、過酷な環境の巡回点検を効率的に実施できます。

  • 巡回点検における課題

    課題1
    現場が遠く、移動に時間がかかる

    課題2
    現場が暑く、熱中症などの危険がある

  • ソリューション活用による効果

    無線センサーの後付けにより
    設備状態を遠隔監視し、巡回点検が効率的に

設備の劣化検知

収集したセンサー情報を分析し、漏油を早期に検知することで環境汚染のリスクを軽減できます。

  • 設備維持における課題

    設備劣化による漏油の発見が遅れ、
    環境汚染の原因となる

  • ソリューション活用による効果

    センサーにより収集したデータを分析することで、
    漏油を早期に検知し、迅速な対策が可能に

加熱炉のエネルギー効率向上

センサーと他システムのデータを分析し、燃費を可視化します。加熱炉の状態を把握できるので、適切なタイミングで補修できます。

  • 加熱炉運用における課題

    気づかない間に加熱炉が劣化し、
    燃費が悪い状態で稼働を続けてしまう

  • ソリューション活用による効果

    センサーデータと他システムのデータを分析することで、
    燃費を可視化し、適切なタイミングでの補修が可能に