ページの本文へ

Hitachi

情報制御プラットフォーム

対象PC 前提とするハードウェア 前提とするソフトウェア
監視装置 推奨スペック
(クライアント500台を監視)
(1) CPU Intel® Pentium® III 800MHz 以上
(2) メモリ 512MB以上
(3) ハードディスク 1GB以上の空き容量
(4) サポートOS
・Red Hat® Enterprise Linux® 5/6
・Windows Server® 2008
・Windows Server® 2012
下記サービスプログラムが動作する環境が前提となります。

Red Hat® Enterprise Linux® 5/6の場合:
・Webサーバー:httpd

Windows® の場合:
・Webサーバー:Microsoft® Internet Information Services(IIS)
統合管理
PC
NX NetMonitor/Manager機能を利用する場合:
推奨スペック
(1) CPU Intel® Pentium® III 500MHz以上
(2) メモリ 256MB以上
(3) ハードディスク 1GB以上の空き容量
(4) サポートOS
・Windows® 7
・Windows® 8
・Windows Server® 2008
・Windows Server® 2012
ブラウザ、およびその動作環境(Windows® )が必要です。

WWWブラウザ:Microsoft® Internet Explorer 6.0以上
集中監視
サーバー
拠点をハード・ソフトレスで集中監視する場合:
(クライアント3000台を監視)

推奨スペック
(1)CPU Intel® Pentium® III 2.4GHz以上
(2)メモリ512MB以上
(3)ハードディスク1GB以上の空き容量
(4)サポートOS
・Windows® 7
・Windows® 8
・Windows Server® 2008
・Windows Server® 2012
下記サービスプログラムが動作する環境が前提となります。

Windows® の場合:
・Webサーバー:Microsoft® Internet Information Services(IIS)
監視対象
PC
             ――― ・Windows® 95
・Windows® 98
・Windows® Me
・Windows® XP
・Windows® 2000
・Windows Vista®
・Windows® 7
・Windows® 8
・Windows Server® 2003
・Windows Server® 2008
・Windows Server® 2012
・Window NT® 3.51 および4.0
・iOS® (*)
・Android® (*)
*Linux® 版監視装置もしくは専用装置で監視できます。

上記以外のOSについては、標準TCP/IPを使用している場合に限り監視対象となります。

*記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商号、会社や個人の商標もしくは登録商標です。