ページの本文へ

Hitachi

環境情報管理 EcoAssist-Enterprise

街ぐるみの省エネ活動、そしてテナント運営の基幹システムへ

東京都墨田区の「東京スカイツリータウン(事業主体 : 東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社)」向けに、EcoAssist-Enterprise-Lightを導入。
街ぐるみの省エネ活動を実施するとともに、テナント運営の基幹システムとして活用いただいています。

省エネ法や都条例に対応した環境管理、地域冷暖房運転効率化のためには、300を超えるテナントや地域冷暖房施設のスマートなエネルギー利用と光熱費の見える化は必須課題でした。

東京スカイツリータウン開業前の環境・エネルギーマネジメントの設計から導入後のデータの利活用のコンサルティングまで、環境経営をサポートしています。

導入の効果

毎時2万点の電力、空調、水、廃棄物などのデータがEcoAssist-Enterpriseの環境情報データベースで一元管理され、即時にダッシュボードに反映されます。
それら膨大なデータを分析、見える化などに活用することで、CO2排出量13.8%削減(2013〜2017年比)に貢献しています。
テナントの料金計算システムへ連携することで、エネルギー使用量の検針作業や料金計算、請求書発行などの業務負荷を軽減しています。