ページの本文へ

Hitachi

ブロックチェーン

トレーサビリティ

部品の受発注などの情報をブロックチェーン上で管理し、複数メーカーを横断した部品・製品情報のトレース管理を実現します。

ブロックチェーン:画面イメージ

「購入顧客(Customer)」、「完成品メーカー(Manufacturer)」、「部品メーカー(Tier1)」、「部品メーカー(Tier2)」の間で、部品についての「トレースバック(不具合の連絡からリコール対象部品の特定)」、および「トレースフォワード(リコール対象部品から影響範囲調査)」 の両方が実施できます。