ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービス

ディープラーニングの目が、目視検査員の負担を軽減します。

概要

Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービス(以下、目視検査代替サービス)とは、日立独自のディープラーニング技術(以下、DL技術)を活用して不良品検知や異常検知など外観検査で使用する判定モデルを作成し、業務適用時の検査精度を事前に検証するサービスです。

目視検査代替サービスで作成した判定モデルは、日立が独自に研究、開発した外観検査ソフトウェアパッケージ(Hitachi Visual Inspection Software Package:HVISP)(以下、HVISP)の画像判定で使用します。また、HVISPは、製造業の外観検査に特化し、柔軟なカスタマイズが可能な外観検査アプリケーション(Hitachi Visual Inspection Application:HVIA)(以下、HVIA)と連動して利用できますので、製造業における品質検査の現場に対してAI導入をスムーズに進めることができます。

このように、人手に頼っていた目視検査の人財不足、目視検査の抜け漏れ、目視による品質のバラツキ、検査装置の誤判定頻度が高いといったお客さまの課題に対して、目視検査代替サービス、HVISP、HVIAで課題解決を図り、外観検査業務の業務効率化を支援いたします。

目視検査代替サービス、HVISP、HVIAの関係イメージ図

特長

特長1:目視検査代替サービスのDL技術で画像データから異常箇所を高精度に認識

目視検査代替サービスのDL技術は、日立が独自開発したDNN(Deep Neural Network)を採用しており、画像データから特徴(パターン)を学習し、画像データにあるキズや汚れなどの異常箇所を高精度に認識することができます。そして、日立がこれまで蓄積してきた多数の実施検証から得られたノウハウも活用して、多様な製造物ごとに最適な判定モデルを作成いたします。

目視検査代替サービスで判定モデルを作成し、事前検証するイメージ図

特長2:HVIAとHVISPは外観検査に特化した機能と操作性を提供

HVIAは、生産ラインでの撮像設定、画像前処理、ユーザーインタフェース、再学習などが基本機能として搭載されたアプリケーションです。これにより、AIを活用した画像検査システムの速やかな導入が可能になるとともに、導入後すぐに業務適用することができます。また、検査物に応じてデータの前処理や判定モデルを切り替えるなど、柔軟なカスタマイズも可能です。

HVISPは、HVIAと連動し、目視検査代替サービスで作成した判定モデルに従って画像判定を行います。お客さまにおいて異常と判定する画像データが少ない場合や未知の事象による不良発生においても、判定を行うことが可能です。

製造業の生産ライン現場で利用するHVIAとHVISPの活用イメージ図

特長3:目視検査代替サービスで作成した判定モデルはクラウドAIやエッジAIとして利用可能 

画像判定用に目視検査代替サービスが作成した判定モデルは、HVISPがクラウド上で動作する場合はクラウドAIとして、HVISPがエッジサーバー上で動作する場合はエッジAIとして利用します。例えば、自社クラウドにHVISPを動作させ、HVIAは各工場の既設システムにアドオンする構成とした場合、各工場に共通の生産ラインで実施する不良品検査Aは、自社クラウド上の判定モデルAで画像判定を行います。不良品を見つけたらすぐに取り出す必要がある緊急性の高い不良品検査Bは、生産ラインに近いエッジサーバーにエッジAIを実装し、そこで画像判定を行います。判定モデルの推論精度を高く維持するためには、モデルの再学習が必要ですが、本例のエッジAIはクラウド側のGPU等の計算パワーを使用して判定モデルBの学習を繰り返し行い、再学習したモデルをエッジサーバーに実装する運用を想定しています。

もし、生産ラインの拡張や検査対象製品の追加により、判定モデルを増やしたい場合や、既設システムの計算パワーでは判定モデルの再学習が難しく、高精度な判定結果が得られないといった課題があれば、日立のディープラーニング専用のクラウド環境を利用する手段もございます。

HVISP、HVIAを活用した外観検査の利用イメージ図

ご提供価格

Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービスのご提供価格
  名称 概要 価格
詳細情報 Hitachi AI Technology/
ディープラーニング目視検査代替サービス
多様な検査対象物ごとに最適な判定モデルを作成し、業務適用時の検査精度を事前検証するサービスです。学習サービスとテクニカルサービスをご用意しています。
  • 学習サービス
    • お客さまデータを基に専用判定モデルの作成、精度検証や課題検討を実施します。
    • 実証実験の結果となる報告書を提出します。
  • テクニカルサービス
    • 判定モデルの追加や更新のほか、標準サービスでは対応できないサポートをお客さま毎に個別に対応します。
個別見積
詳細情報 Hitachi Visual Inspection Application
(外観検査アプリケーション:HVIA)
生産ラインで撮影した画像データを取り込み、画像データの前処理、ユーザーインタフェース、再学習指示などの基本機能を搭載したソフトウェアです。 400万円/年*
詳細情報 Hitachi Visual Inspection Software Package
(外観検査ソフトウェアパッケージ:HVISP)
外観検査アプリケーションと連動し、日立が独自に研究、開発した外観検査専用の画像判定を行うソフトウェアです。Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービスで作成した判定モデルを動作させるために利用します。 400万円/年*
*
製造1ラインに対するご参考価格です。条件によって異なります。