ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

デジタル対話サービス

対話型ボットを活用して新サービス創出や業務自動化を支援

デジタル対話サービスとは

自然言語を理解する対話型ボット「自然対話プラットフォーム」と、コンサルティング/SIから運用支援やチューニングまで各種支援サービスを合わせて、「デジタル対話サービス」として提供します。各種業務システムと連携して新サービスの創出・高付加価値化や、さまざまな業務の自動化・効率化による業務改革を支援します。
デジタル対話サービスの第一弾としてチャットボットサービス、第二弾として音声書き起こし支援サービスをリリースしました。

デジタル対話サービスとは

提供価値

さまざまな業種における問い合わせ対応や定型作業の効率化を支援するチャットボットサービス

ヘルプデスクやコンタクトセンターにおいて、チャットボットサービスを導入すれば24時間365日問い合わせ対応が可能になります。また、チャット形式の簡単な内容の問い合わせを、対話型ボットが代行することで、オペレーターの負荷が軽減し、業務効率化やサービス品質の向上につながります。

チャットボットサービス 問い合わせ業務課題の図

また、外部システムと連携する対話型ボットを構築することで、これまでマニュアルを参照しながら実施していたシステム運用業務を効率化。運用担当者がチャットで指示するだけで、対話型ボットが情報の取得や整形、更新を自動で行います。システム運用にかかっていた負担を軽減し、人為的なミスを低減できます。

チャットボットサービス 情報システム運用業務の図

会議や商談などの会話音声を自動的にテキスト化する音声書き起こし支援サービス

音源方向を特定する日立の技術を用いて、1つのマイクで録音した複数人の会話音声を話者ごとに分離してテキスト化することができます。これにより、小規模の社内打ち合わせやお客さまとの商談など幅広い場面で書き起こし作業の効率化を実現します。

*
本サービスは金融機関さま向けの辞書チューニング体制を設けており、金融機関さま向けにサービス提供しております。

音声書き起こし支援サービス 会議・議事録の図

特長

デジタル対話サービスを支える自然対話ブラットフォームは、自然言語処理・音声認識処理・学習技術を用いて、対話の自動化を実現します。

デジタル対話サービス 特長の図

チャットボットサービス

対話タスク切替により自然な対話を実現

あらかじめ定義した業務シナリオに沿って会話を進める「シナリオ対話」と、一問一答型の「QA対話」、質問者への聞き返しにより情報を補う「誘導型対話」の3つの対話方式を、問い合わせ内容に応じて柔軟に切り替え、対話型ボットが回答します。お客さまにおける業務シナリオの作成など事前準備の工数を最小限に抑えながら、スムーズな会話を実現します。

チャットボットサービス 対話タスク切替の図

AIを活用した学習機能により運用負荷を軽減

お客さまとの対話や外部システムの対話履歴を活用して対話型ボットが学習するため、チャットボット運用者の負担を軽減できます。

チャットボットサービス 学習機能の図

音声書き起こし支援サービス

日立独自音声認識技術により高精度なテキストを実現

日立独自の音声認識技術として、雑音や反響音を除去して認識対象の音声のみを抽出する雑音除去技術と、複数方向からの音声を別々に認識する音源分離技術を活用しており、雑音や複数話者の音声が含まれている音声データでも高精度にテキスト化することが可能です。

音声書き起こし支援サービス 特長の図

コンセプト動画

デジタル対話サービスを通じて未来の業務革新や新サービス創出を描いたコンセプト動画です。

ご提供価格

デジタル対話サービスの価格
  名称 概要 価格
詳細情報 チャットボットサービス チャットによる問い合わせに対して、企業内に蓄積されている業務ナレッジをもとに作成したFAQや業務シナリオなどから適切な回答を自動的に返すことが可能なサービスです。
チャットボットのクラウドプラットフォームと、導入、構築、運用を支援するサービスを組み合わせて提供します。
個別見積
詳細情報 音声書き起こし支援サービス 会話音声データを日立独自の音声認識技術により、高精度にテキスト化するとともに、テキスト化されたデータの編集も可能なクラウドサービスです。
*
本サービスは金融機関さま向けの辞書チューニング体制を設けており、金融機関さま向けにサービス提供しております。
個別見積