ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

Hitachi AI Technology/業務改革サービス:
事例:【活用イメージ】設備メンテナンス

活用イメージ設備メンテナンスのコストの削減に活用

プラントでの活用例として、設備やメンテナンスに関するデータの分析から、設備メンテナンスのコストの削減につながる施策を立案・実施するまでをご紹介します。

1. 設備やメンテナンスに関するデータをインプット

設備の劣化を招く環境条件を明らかにするため、設備やメンテナンスに関するさまざまなデータをHitachi AI Technology/Hに読み込ませ、設備の劣化に強い影響を与える要素を導き出します。

設備やメンテナンスに関するデータ(設置場所、メンテナンスログ、材料など)をHitachi AI Technology/Hへインプットし、特定の材料が含まれる割合、使用頻度、設備の設置間隔と設備の劣化速度などをもとに相関関係を分析するイメージ。

2. アウトプットを基に分析、施策を検討

Hitachi AI Technology/Hのアウトプットを基に分析。分析結果から、例えば、「材料Aの割合」といった設備の劣化に影響する要素に対して、それを制御する施策を立てます。

日立「材料Aの割合、使用頻度などが設備の劣化に影響するようです。」。お客様「そこを制御すれば、劣化を抑制して設備メンテナンスのコストを削減できるね!」。

3. 施策を実施、設備メンテナンスのコストが削減

施策を実施して、設備の劣化を抑制。設備メンテナンスのコスト削減につなげます。