ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

AI導入・運用支援サービス

Explainable AI(XAI)を活用し、業務システムへのAIの適用や継続的な運用・改善を支援する

概要

AI導入・運用支援サービスは、XAI(AIを説明するための技術)を活用し、業務システムへのAIの導入や継続的な運用・改善を支援するサービスです。
日立がお客さまの業務システムにAIを適用する際に、本サービスではXAIを活用してAIの予測/判断結果の根拠を定量的に分かりやすく提示することで、現場担当者の見解との乖離を把握するとともに、現場に受け入れられるAIモデルへと改善を行います。また、運用段階においては、AIの挙動監視を行うとともにXAIを活用することで、継続的な改善を可能にし、重要な判断を伴う業務でのAI適用を推進します。このように、AIの導入や運用・改善プロセスにXAIや挙動監視の仕組みを取り入れながら、体制・仕組みの整備など定着化に向けたコンサルティングも行うことで、新たなサービスの創出や経営課題の解決などお客さまのデジタルトランスフォーメーションの実現を支援していきます。

AI-OCRを適用した「帳票認識サービス」の概要イメージ

特長

特長1:AIの学習内容・判断根拠の説明

業務へのAI適用においては、現場担当者の納得感を獲得することが重要です。日立は、さまざまなXAIやその活用ノウハウを用いてAI出力根拠を提示することで、現場担当者のAI適用に対する理解度を高めます。さらに、AI出力根拠と現場担当者や業務専門家の知見とを照らし合わせることで、その乖離を把握するとともに、必要に応じてAIモデルの改善を行います。これにより、現場担当者に受け入れられるAIモデルを作成し、現場での活用を促進します。

特長2:運用時のAIの挙動監視と継続的改善

運用時のAIを適用した業務システムは、従来システムとは違い、入力データにより挙動が変わるため品質を継続的に監視する必要があります。日立は、「AIプロダクト品質保証コンソーシアム*2」での取り組みで得られた知見やノウハウなどを活用することで、AIの挙動の変化を監視しながら、必要に応じた再学習によって業務システムの品質を保持するための支援が可能です。また、XAIを活用して、現場担当者とAIの判断根拠の確認をしながら、AIモデルの精度低下やその要因を特定し、改善すべき箇所を効率的に見つけ出すことで継続的な改善を支援します。

*2
2018年4月1日にAIプロダクトの品質保証技術に関する調査・体系化、適用支援・応用、研究開発を推進する目的で設立されたコンソーシアム
(英文名:Consortium of Quality Assurance for Artificial-Intelligence-based products and services, 略称:QA4AI コンソーシアム)

特長3:定着化のための体制・仕組みの整備

お客さまにおけるAI適用の目的や期待する効果、適用技術やデータ、体制や業務プロセスなどプロジェクトの全体像を確認した上で、AIの定着化や継続的改善を実現する体制や仕組みの整備を支援します。また、関連する分野の法令や業界における各種ガイドラインなどの動向を踏まえ、AI出力結果の逸脱に対応する体制や業務プロセスの不足などの懸念されるリスクを抽出し、企業内のガバナンス体制の構築や、業務プロセスの見直しなどの改善提案も行います。

ご提供価格

サプライチェーン最適化サービスの価格
  名称 概要 価格
(税別)
詳細情報 AI導入・運用支援サービス 業務でのAI適用を前提とした企画検討からPoC実施、導入、運用・改善までをXAIも活用しながら一貫して支援します。 個別見積