ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

この記載情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2019年7月23日

NTTデータと「Twitter SIerパートナーシップ契約」を締結
Twitterデータの取得から分析、活用までトータルサポートを実現


  株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、米国Twitter社の日本国内における唯一のオフィシャルパートナーである株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(以下、NTTデータ)との間で、「Twitter SIerパートナーシップ契約」を締結しました。
  本契約に基づき、日立はお客さまに対し、NTTデータが提供するTwitterデータを組み込んだシステム構築や、Twitterデータと日立の言語解析技術や画像認識技術を組み合わせた高付加価値なサービスの提供が可能となり、データの取得から分析、活用までをトータルでサポートします。

  近年、Twitterをはじめとするソーシャルメディア分析・活用の需要は拡大を続けています。
  NTTデータは2012年からTwitterオフィシャルパートナーとして、さまざまな業界に対して、Twitterの全量データをベースにサービスを提供してきました。2017年からは「SIerパートナーシップ制度」*1を開始し、NTTデータがパートナーとして認定した企業から、お客さまの要件や案件の特性に合わせてTwitterデータを組み込んだサービスを提供できるようになりました。

  日立は、2018年10月より、SNSなどのメディア情報やブログ・口コミ情報などから、企業や商品に対して抱かれている感情を高精度に分析する「感性分析サービス」*2を提供開始するなど、SNSデータを活用して企業のビジネスに貢献するサービスの検討・開発を進めています。
  本パートナーシップ契約により、Twitterデータの取得から分析までを日立がトータルにサポートすることが可能となります。Twitterデータの分析において、データの取得からデータフォーマットに合わせた整形処理をサービス内でサポートするため、お客さまにTwitterデータをご準備いただいた場合のインターフェース開発が不要となり、お客さまのTwitterデータ分析業務を素早く立ち上げることができます。また、「感性分析サービス」などの日立が持つ言語処理技術と画像解析技術に、Twitterデータを組み合わせて、さまざまな業種・業態のお客さまへ新たな価値を提供することで、お客さまの企業活動にタイムリーに対応していきます。


Twitter SIerパートナーシップ契約概要図

Twitter SIerパートナーシップ契約概要図

*1
NTTデータのニュースリリース(2017年11月9日) 日本初、Twitterデータ提供に関する2つの新制度を開始
*2
日立のニュースリリース(2018年10月1日) AIを活用して顧客の声を約1,300種類の話題・感情・意図に分類・見える化する「感性分析サービス」を提供開始

関連情報

  NTTデータのサービスインフォメーション (2019年7月23日)

商標に関する表示

  • Twitterおよび関連するロゴマークは、米国Twitter, Inc.社の米国またはその他の国における商標または登録商標です。

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部 アプリケーションサービス事業部
事業企画部[担当:酒井、藤野、奥野]
〒212-8567 神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目一番二号

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。