Hitachi

Selenium IDE* を活用すると、画面操作を自動でテストシナリオに変換できます。より簡単にテストシナリオが作成でき、
さらに操作記録ファイルの内容編集も可能です。

「Selenium IDE」を活用し、マウス、キーボードの操作内容を記録→操作記録ファイル作成→操作記録ファイルをテストシナリオに変換→テストシナリオ完成(1 Feature:Pluto_demo;…4 #サンプルにログインし、メニュー画面に遷移する;5 Given ブラウザサイズを(1200,800)に設定;7 Given “http://localhost/ja”をブラウザで開く;7 Then URLが“http://localhost/ja/login”であること;8 When “login.ユーザーID”に“user”を入力する)

*
Selenium は、Software Freedom Conservancy, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*
Selenium IDE は、「Google Chrome」と「Firefox」のブラウザで利用可能です。