Hitachi

よく使用する操作内容(ブラウザ操作、DB操作、スクリーンショット操作など)を定義したExcelベースのツールで、
テストシナリオを作成します。テストシナリオを作成することで、ヒューマンエラーによる入力ミスを軽減できるほか、
このツールからテストを実行することもできます。

エクセルで操作内容を記述(「項目1」操作対象;基本項目、テストステップ記述;Feature:[フィーチャー名]、テスト内容;Pluto_semo。…「項目7」操作対象;ブラウザ操作、テストステップ記述;Then URLが“○○”であること、テスト内容;http://localhost/ja。「項目8」操作対象;部品操作1、テストステップ記述;When “○○”に“△△”を入力する、テスト内容;login。)→エクセルの画面でまとめて操作→テストシナリオへの自動変換→テストシナリオ完成(1 Feature:Pluto_demo;…4 #サンプルにログインし、メニュー画面に遷移する;5 Given ブラウザサイズを(1200,800)に設定;7 Given “http://localhost/ja”をブラウザで開く;7 Then URLが“http://localhost/ja/login”であること;8 When “login.ユーザーID”に“user”を入力する)

*
Excel は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。