Hitachi

Java標準仕様の活用

Javaの標準仕様として機能が体系的に整理されかつ充実しているため、堅ろう性の高いエンタープライズアプリケーション開発が可能です。

大規模開発の統制

データ項目などをサーバで集中管理するため、プロジェクト全体で管理統制をはかることができます。

特定技術への非依存

標準仕様として策定された機能のため、お問い合わせ対応や開発要員育成において、特定のベンダや技術に依存することなく対応が可能です。

OSS ベース を選択するメリット

最新技術の適用

アプリケーション開発の各領域において、最新技術を活用した利便性の高い機能を提供するため、最新技術を適用したアプリケーションの開発が可能です。

スピーディーな開発

IDEプラグインによる分散開発が可能となるため、スピーディな開発のスタートアップをはかることができます。

OSSの利用リスク軽減

サポートサービスを活用することで、同梱しているOSSの脆弱性リスクを軽減できます。また、情報収集における時間とコストも軽減できます。

 *
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。