ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

共感度を分析し一体感のある組織やファンづくりを支援

共感モニタリングサービス

新しい生活様式の普及に伴い、従業員や消費者との対面での
コミュニケーションが減少し、組織の一体感の低下や消費者離れが懸念されています。

日立の共感モニタリングサービスは
従業員や消費者に向けて発信したメッセージに対する共感度を可視化し、
改善施策を提案するサービスです。

これにより、メッセージの浸透を促進し、
一体感のある組織の構築・維持をサポートします。
また、消費者からの信頼や愛着を獲得し、ブランド力の向上を支援します。

共感モニタリングサービスの概要:共感モニタリングサービスは共感度合い可視化サービスと改善施策コンサルティングサービスで構成されます。[共感度合い可視化サービス]・メッセージへの反応を収集。・共感度を分析し、可視化。(文書やプレゼンテーションで発信したメッセージに対する受け手の反応を収集します。収集した情報を分析し、組織・職位などの属性ごとに共感度を可視化します。)[改善施策コンサルティングサービス]・詳細に分析し、原因を推定。・改善施策を提案。(一橋大学大学院阿久津研究室と日立が共同で開発した手法により、メッセージの浸透を阻害している原因や背景を推定します。原因を深く探ることで本質的な改善施策を提案します。)さらに、分析、アクション、発信・収集のサイクルによって発信するメッセージの浸透を促進します。

↓

目的を共有した一体感のある組織づくりや
消費者からの信頼や愛着を獲得してブランド力の向上を支援

共感度合い可視化サービスのみのご利用も可能です。

サービスの特長

メッセージの浸透度合いを具体的に可視化

メッセージの浸透度合いを具体的に可視化

定量的な結果を得る従来のサーベイとは異なり、従業員などの受け手がメッセージの「どこ」に対して「どのように」感じているのかを具体的に可視化することができます。

構造化することで具体的な施策の考案が可能

構造化することで具体的な施策の考案が可能

コンサルタントが、一橋大学大学院阿久津研究室と共同で開発した分析手法を活用し、メッセージの浸透を阻害している原因や背景を構造的に分析することで、より本質的な改善施策を提案します。

さまざまなメッセージ形態に対して、共感度を可視化

さまざまなメッセージ形態に対して、
共感度を可視化

共感度を測るためのメッセージの形態は、文書に限りません。オンラインのプレゼンテーションや動画など、さまざまな形態のメッセージに対する共感度を可視化できます。

サーベイの回答行為そのものが、メッセージの浸透を促進

サーベイの回答行為そのものが、
メッセージの浸透を促進

本サービスのサーベイは、企業から発信したメッセージを読んだ際に浮かんだ感情をフィードバックする形式です。このサーベイの回答作業そのものが、従業員などの受け手へのメッセージの浸透を促進します。

導入までの期間を短縮

導入までの期間を短縮

企業理念やブランドメッセージなど、共感度を確認したいメッセージそのものに対して感情を入力できる仕組み(サーベイ)のため、質問項目作成などのサーベイ設計を行わなくても、すぐにサーベイを始められます。

共感モニタリングサービスが
実現すること ―ユースケース―

理念やメッセージへの共感による一体感のある強い組織づくり

従業員へのメッセージに対する共感度合いを可視化し、より共感を生む内容に改善していくことが可能です。これにより、従業員がビジョンに共感し、モチベーションと一体感を持って働ける組織づくりを支援します。
また、従業員に定着している価値観を可視化し、その組織らしさを伝える表現を把握することで、企業理念を明文化することにも役立ちます。

経営者が従業員にメッセージを発信し、共感度を収集。:経営者は従業員の共感度を把握できる。従業員はメッセージに対して感じたことを回答できる。→企業理念やメッセージの改善→モチベーションと一体感を持って働ける組織へ

企業や商品に対する消費者の信頼や愛着を獲得

消費者パネル調査に本サービスを活用することで、企業から消費者へ発信したメッセージに対する共感度や、発信したメッセージのどこに対して、どのように感じたかなどを、具体的に可視化できます。
これをもとに改善をはかることで、より共感を生むメッセージ発信や、消費者の信頼や愛着の獲得につながります。

(本サービスは、消費者パネル調査を行うものではありません)

消費者パネル調査において企業が消費者にメッセージを発信し、共感度を収集。:企業は消費者の共感度を把握できる。消費者はメッセージに対して感じたことを回答できる。→共感を生むメッセージへ改善→消費者の信頼や愛着の獲得につながります

オンラインでも双方向性のあるコミュニケーションを実現

オンラインでの大人数に向けたセミナーやプレゼンテーションでは、聴講者の反応が見えづらく、一方的な発信になりがちです。
本サービスを活用することで、聴講者がリアルタイムで気軽に反応をフィードバックでき、発表者や聴講者は周囲の反応を把握することが可能になります。これにより、双方向のコミュニケーションが成立し、発表者はより共感を生むメッセージ発信につなげることができます。

オンラインでのセミナーやプレゼンテーションにおいて、発表者は聴講者の反応を把握できる。聴講者はフィードバックを気軽にできる。→反応に合わせて伝え方を改善・補足説明→満足度の高いセミナーやプレゼンテーションの実現につながります

ページの先頭へ