ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

企業のブランド毀損リスク防止を支援

Brand Monitoring Service ブランドモニタリングサービス

日立が独自に開発したクローリング技術とAIが、
Webやアプリストア、SNSなどをモニタリングし、お客さまのブランド毀損リスクを自動で検知。
ブランド価値の維持・向上を支援します。

ブランドモニタリングサービスの概要:[収集]オープンデータ(Web、アプリストア、SNSなど)やお客さまデータ(ブランドポリシーなど)を収集。→[蓄積/分析/判断]AIがWeb、アプリストアなどの画像やテキストなどの情報を認識し、データを蓄積。お客さまのブランド毀損リスクがないかどうか分析・判断。→[可視化・通知]お客さまのブランド毀損リスクを検知し、レポートを作成(アラート通知、問題点管理など)。

↓

効率的なブランドマネジメントを実現

ブランドモニタリングサービスの特長

AIがブランド侵害コンテンツを検知

お客さまのブランドを侵害するコンテンツをAIで検知し、お知らせします。手作業による検索および確認作業の負荷を軽減し、対処の迅速化を支援します。

多様なメディアをモニタリング

Web、アプリストア、SNSなど、さまざまな種類のメディアをまとめてモニタリングできます。個々のサイトをひとつひとつ確認する必要がなくなり、ブランド管理ご担当者さまの負荷を軽減します。

ブランドの適正利用を管理・徹底

ブランド利用者によるブランド運用のルール遵守状況を、AIがモニタリングします。適切なブランドイメージの利用と、一貫性のあるブランド発信を支援します。

高度なクローリング技術を採用

日立が独自に開発し、複数のお客さまへの導入実績がある高度なクローリング・分析システムを採用しています。

本サービスでは、取得元のサイトポリシーに従いデータを取り扱います。
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
ページの先頭へ