ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

ブランド適正利用管理

社員やグループ企業などへの適正なブランド利用の管理・徹底を支援

ロゴなどのビジュアルイメージは、特にお客さまのブランド認知に大きく影響します。
企業自身が適切にブランドを利用できていない場合、偽ブランドに対する法的措置が取れない恐れもあります。
本サービスでは、企業ロゴなどのブランドルールをAIに学習させ、違反コンテンツを自動検知するほか、問題箇所が是正されるまでフォローアップします。ブランドルールに則ったビジュアルイメージの統一や、ブランドガバナンスの強化を支援します。

ブランドガバナンスの強化を支援する「ブランド適正利用管理」

ブランド適正利用管理の流れ:お客さまデータをもとに、Webデータを収集。→対象となるデータを自動認識して抽出し、ブランドルールに則っているかを自動的に判断。→問題箇所を一覧表示。→ブランドイメージの統一に注力が可能。

  1. 独自開発したクローリング技術により細部までもらさずデータを収集します。
  2. Webデータの中から対象となるデータを自動認識して抽出し、ブランドルールに則っているかを自動的に判断します。
  3. 問題箇所を一覧として表示し、修正完了までのフォローアップを支援します。
  4. ブランド運用の確認作業が容易になり、ブランドイメージの統一に注力することができます。

↓

ブランドガバナンスの強化を支援

膨大なコンテンツに対するチェックを、AIが継続的に支援

膨大なコンテンツに対するチェックを、AIが継続的に支援

Webサイトや提案資料など膨大なコンテンツに対して、ブランドルールに則って統一が取れているかを、日立の高度なクローリング・分析システムにより日々チェックします。
ブランド管理業務のうち、単純作業を自動化することで、ブランディング向上施策に注力することが可能になります。

問題箇所や是正状況を効率的に確認できる管理コンソールをご提供

問題箇所や是正状況を効率的に確認できる管理コンソールをご提供

Webの画像データから、ロゴなど特にチェックが必要となる部分を自動認識・抽出します。 お客さまからご提供頂いた正規・違反画像例をもとに学習したAIが、ブランドルールに則っているか自動的に判断したうえで問題箇所を一覧で表示します。また、問題箇所に対する是正状況も容易に確認できます。

本サービスでは、取得元のサイトポリシーに従いデータを取り扱います。
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
ページの先頭へ