Hitachi

製造経歴による不適合要因の早期特定に関する取り組み

近年、製造業では品質不良発生時の影響範囲や不良要因特定の迅速化に対して、 IoTデータを活用した改善の取り組みが始まっています。品質改善活動の道筋として、トレーサビリティデータと4Mデータを組合せたIoTの仕組みを構築する事が有効であり、日立では様々なソリューションでお客様の課題解決をご支援しています。トレーサビリティデータと4Mデータを組合せ、製造過程で発生している変化・変更点から不良要因、不適合要因を早期に特定する具体的な施策と日立のソリューションを実際のデモを交えてご紹介します。

*
4M:huMan、Machine、Material、Method

株式会社 日立製作所 産業・流通ビジネスユニット
エンタープライズソリューション事業部

廣喜充

セミナー視聴はこちら

*
本セミナーを視聴されたい方は、Hitachi 製造・流通マガジン(旧 日立モノナレ通信 [メールマガジン] )に会員登録する必要があります。
視聴までの手順