本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Radiology

組織性状をエコーでみる −エラストグラフィの活用

Real-time Tissue Elastography (RTE)

組織の硬さをリアルタイムに可視化する機能です。
ROI内の相対的な組織のひずみを観察することが可能です。
乳腺だけでなく、甲状腺、肝臓、泌尿器や術中での応用が広がりつつあります。
本装置に搭載のRTEを用いた肝硬度計測に対し、診療報酬が請求できます。

image
RTE

image

Shear Wave Measurement (SWM)

image
SWM

せん断波の伝播速度検出に信頼性指標表示機能(VsN)を持たせた Shear Wave Mesurement(SWM)によって、再現性と信頼性の高い結果を得ることができます。RTE と SWM といった双方のエラストグラフィに対応することにより、非侵襲的な肝臓評価のアプローチが多角的に可能となりました。

高い精度と信頼の技術が「早期発見」、「診断」、「治療」を支援

Real-time Virtual Sonography (RVS)*

image

CT/MRI/超音波のボリュームデータと、リアルタイム超音波の高分解能画像を融合させる機能です。診断から治療、さらには治療の効果判定への応用が期待されます。タッチパネルでの操作、Simple Adjust機能による位置合わせで、使い勝手を向上しました。

3D Sim-Navigator*

image

RVSでナビゲーションをしながら、穿刺ラインのシュミレーションが可能です。CTなどのボリュームデータから作成した3Dボディマーク機能を利用することにより複数本穿刺の位置をリアルタイムに三次元上で把握することができます。

より確かな診断を導く −コントラストエコー

Contrast Harmonic Imaging (CHI)*

image

高音圧から低音圧までさまざまな造影剤に対応しています。また、対応プローブを豊富に揃えていますので、用途に合わせて使用することができます。

*:オプション

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。