本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア 粒子線治療システム

粒子線治療とは What is Particle Therapy?

陽子線や炭素線などの粒子線を用いたがん治療の有効性は、医学物理の分野では70年以上も前から知られてきました。
粒子線治療の特長は、ブラッグピークと呼ばれる線量集中性を活用することにあります。ブラッグピークを患部に合わせて照射することで、患部への線量集中性を高めつつ、周辺の正常な組織への影響を抑えられます。
そのため、体を切らずに通院治療が可能であり、治療中の患者への負担が小さく副作用が少ないため、生活の質を維持した治療を実現します。粒子線治療が普及してきた背景には、患部へ照射する粒子線の高精度な照射制御技術や線量計画・管理技術の進歩があります。
日立は粒子線治療を実現する技術の高度化に寄与してきました。

粒子線治療の主な適応疾患

*【令和4年度より追加で保険適用となる症例】

<重粒子線治療・陽子線治療>

  • 手術による根治的な治療法が困難である肝細胞癌(長径4センチメートル以上のもの)
  • 手術による根治的な治療法が困難である肝内胆管癌
  • 手術による根治的な治療法が困難である局所進行性膵癌
  • 手術による根治的な治療法が困難である局所大腸癌(手術後に再発したもの)

<重粒子線治療のみ>

  • 手術による根治的な治療法が困難である局所進行性子宮頸部腺癌
       
  • *1 医療機器承認番号:23100BZX00051000

お問い合わせ

ご質問・ご相談など、お問い合わせはこちらから。