本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Advanced Function

HiMAR Plus

繰り返し演算を応用して、金属アーチファクトを軽減する技術です。
部位や目的に応じて強度を選択できます。

HiMAR Plus

FBP
FBP

HiMAR Plus
HiMAR Plus

FBP
FBP

HiMAR Plus
HiMAR Plus

CardioConductor

息止め練習時の心拍数範囲を取得し、心電情報をもとに撮影条件と画像再構成条件を自動算出する機能*です。撮影条件設定は、使い勝手を重視した「オート」や自由に条件をカスタマイズする「マニュアル」など、目的に合わせた使い方が選べます。

*使用する条件により、操作者の確認、設定、調整が必要です。

CardioConductor

CardioHarmony

撮影後、心位相ごとに作成された画像から心臓全体の動きの量を抽出し、これが最小となる位相を最適心位相としてシステムが自動的に算出*します。心臓CTのワークフローでボトルネックとなる最適心位相の検索時間が短縮可能です。

*算出される条件は操作者による確認、調整が必要です。

VR
VR

RCA
RCA

LAD
LAD

最適心位相

スキャン中の心拍数が37~72bpmに変化し、静止位相を検索することが困難な例ですが、CardioHarmonyを使用することで簡単に位相検索できます。

※掲載している臨床画像の一部は、全身用X線CT診断装置 SCENARIA(認証番号:221ABBZX00081000)で撮影した画像を処理したものです。

IntelliEC Cardiac

管電流の変調を最大2相まで設定することができ、心臓CT検査の低被ばく化が可能です。

再構成心位相 75%
再構成心位相 75%

RCA
RCA

LAD
LAD

120kV,0.35s/rot, Pitch 0.17, Intelli IP Lv3

※掲載している臨床画像の一部は、全身用X線CT診断装置 SCENARIA(認証番号:221ABBZX00081000)で撮影した画像を処理したものです。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。