本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

SCOT®化した手術室のイメージ
SCOT®化した手術室のイメージ(東京女子医科大学 HyperSCOT)

 株式会社日立製作所ヘルスケアビジネスユニット(以下、日立)と株式会社OPExPARK(オペパーク/以下、OPExPARK)は次世代情報融合プラットフォーム「OPeLiNK®(オペリンク)」の販売に関して合意しました。本合意に基づき、日立は2021年2月26日から情報統合手術室 「METIS(メーティス)」の販売を開始します。「METIS」は、これまでAMED*プロジェクトにて取り組んできたSmart Cyber Operating Theater(SCOT®)の概念の下実現した、「OPeLiNK®」を中核とする情報統合手術室です。

 現状、手術室の現場では多種多様な医療機器・設備から発生する膨大な情報を医師やスタッフが限られた時間内に判断しつつ治療を行っています。これらの機器はお互い独立して稼働しており、治療として行われる医療行為や患者の生体情報は、それぞれに個別に記録されています。

 日立はこれまで、長年培った画像診断機器の技術を治療支援に拡張してきました。術中MRI システムや、外科手術を行う際に電気メスなどの手術器具の位置をMRIや CT から取り込んだ画像上に表示し、リアルタイムな手術操作箇所の把握を支援する手術ナビゲーションシステムなどの手術支援ソリューションを提供し、治療成績の向上に貢献しています。
 一方、OPExPARKは、あらゆる機器や既存の仕組みとのネットワーク化し、手術室内の各機器の出力データを、デバイス非依存で常に同じフォーマットの表示として提供可能とする情報融合プラットフォーム「OPeLiNK®」を開発してきました。現在は「OPeLiNK®」を活用した手術機器情報統合システムの開発・販売と、同システムから抽出したデータを基に、いつでも・どこでも最先端の手術が学べる教育コンテンツを制作・配信するサービスを手掛けています。
 今回、日立がもつ手術室インテグレーションノウハウとOPExPARKの情報融合プラットフォーム「OPeLiNK®」を組み合わせることで、MRI画像などの映像系に限らず、生体情報などさまざまな手術時の情報を一元管理できる情報統合手術室を実現しました。日立は、「OPeLiNK®」を軸に、医療機器を含む手術室のエンジニアリング、手術室運用効率化支援、メンテナンスを各科・各症例向けにSCOT®のコンセプトの下パッケージ化し、「METIS」として販売を開始します。
 「METIS」の導入により、手術室内の各種医療機器から発生する異種情報を時間同期させて保存することが可能となり、従来では困難だった手術過程におけるイベントの多面的な分析を可能とします。また、病院内の離れた場所との手術統合情報の共有により、場所を問わず手術室の状況を把握することができます。さらに手術室外にいる熟練医師が映像上に注釈を書きこんだり、音声を共有することができ、執刀医と熟練医のコミュニケーションを支援します。

 今後、日立とOPExPARKは情報統合を活用した手術情報のデータベースの作成や、本データベースを用いた各科・各症例向け手術支援アプリケーションの拡充を行い、「METIS」の使いやすさや価値向上に取り組んでいくことで医療の発展に貢献します。

*AMED : 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

製品名および製品価格

製品名 内容 販売価格 提供開始時期
情報統合手術室METIS 医療機器を含む手術室のエンジニアリング、
手術室運用効率化支援、メンテナンス
個別見積 2021年2月

 

SCOT®とは

 治療効果向上とリスク低減を両立するため、治療空間自体が一体のシステムとなるスマート治療室「SCOT®」をAMEDプロジェクト(未来医療を実現する医療機器・システム開発事業「安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発」)の支援のもと、東京女子医科大学を中心に5大学11企業の連携により開発し、2018年7月からOPeLiNKを活用した臨床研究を開始しました。

 

OPeLiNK®とは

 OPeLiNK®はOPExPARKが製造・販売している汎用性の高い治療室用インターフェースです。様々な医療機器を改造することなく接続し、医療機器から得た情報を統合・表示・保存・配信することができます。

 

商標に関する表示

  • SCOTは学校法人東京女子医科大学の登録商標です。
  • OPeLiNKは株式会社OPExPARKの登録商標です。

 

日立製作所について

 日立は、IT(Information Technology)、OT(Operational Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力しています。2019年度の連結売上収益は8兆7,672億円、2020年3月末時点の連結従業員数は約301,000人でした。日立は、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野でLumadaを活用したデジタルソリューションを提供することにより、お客さまの社会価値、環境価値、経済価値の3つの価値向上に貢献します。
 詳しくは、日立のウェブサイト(https://www.hitachi.co.jp/)をご覧ください。

 

OPExPARK(オペパーク)について

代表者
:代表取締役社長&CEO 医師 本田 泰教
設立
:2019年6月 (株式会社デンソーよりカーブアウト)
事業内容
:術中情報統合システムの開発と販売。医師限定手術教育ウェブサービス。
URL
https://www.opexpark.co.jp/

OPExPARKは、デンソーの工場で培ったロボット・IoT 技術を活用し、「治療・診断」情報の「集積」「共有」「解析」を定着させ、より高いレベルの「治療・診断」を支援し続け、誰もが安心で信頼できる医療を享受できる世界の実現に貢献します。

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット 放射線診断事業部 ソリューションビジネス本部 
外科治療ソリューション部
[担当: 関川]
〒110-0015 東京都台東区東上野二丁目16番1号 上野イーストタワー
E-mail: fumitaka.sekikawa.mx@hitachi.com

株式会社OPExPARK 経営管理部
[担当: 本薗]
〒162-8666 東京都新宿区河田町8−1TWIns 3階 N104
E-mail: motozono@opexpark.co.jp

以上

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。