ページの本文へ

Hitachi

新型コロナウイルスの感染拡大への日立の対応

日立製作所、NPO団体Kivaを通じて小規模事業者などへ100万米ドルを融資

日立製作所は、米国のNPO団体Kiva Microfundsを通じて、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている事業者へ100万米ドルの融資を実施します。

詳しくはこちら

「在宅勤務やジョブ型を推進」
人財担当役員が語る日立の「新しい働き方」とは

日立製作所は、新常態(ニューノーマル)を見据えた「新しい働き方」を発表しました。その狙いについて、日立のCHRO(最高人事責任者)を務める中畑英信執行役専務に話を聞きました。

詳しくはこちら

日立、幸せを「見える化」する新会社設立
さまざまな業界での活用に期待

日立製作所は、幸福度を計測する技術を事業化し、企業のマネジメント活動などを支援することを目的にした新会社「ハピネスプラネット」を設立することを発表しました。同社が提供するアプリはコロナ禍での活用が期待されています。

詳しくはこちら

サーマルカメラで発熱者検知 非接触での移動や生活を実現するソリューションを提供

日立製作所は、建物内における非接触での移動や生活を実現するタッチレスソリューションのラインアップとして、発熱者検知システムと運用支援ソリューションの販売を開始します。

詳しくはこちら

JRオートメーション社、ハーシー社にフェイスマスクの製造ラインを提供

JRオートメーション社は、アメリカのチョコレート大手ハーシー社にフェイスマスクの製造ラインを提供しました。製造ラインでは、1日あたり約4万5000枚のマスクを製造することができます。(英語サイト)

詳しくはこちら

新型コロナウイルスの感染拡大への日立の対応

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまとご家族および関係者の皆さまにお見舞い申し上げると同時に、亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。
また、感染拡大防止にご尽力されている皆さまには深く感謝申し上げます。

日立グループは一丸となり、この危機を乗り越えるために貢献してまいります。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現在の日立の経営方針

執行役社長兼CEO 東原 敏昭
執行役社長兼CEO
東原 敏昭