ページの本文へ

Hitachi

新型コロナウイルスの感染拡大への日立の対応

日立の取り組み

日立とGM、新型コロナウイルス対策としてマスクの製造ラインを6日で構築

日立グループのJRオートメーション社とイーシス社は今年5月、米自動車大手のゼネラルモーターズ社向けにフェイスマスクの製造ラインを構築しました。6日間という異例の速さで完成させたプロジェクトの舞台裏を紹介します。

コミュニケーションロボット「EMIEW」を活用した医療機関での評価研究を開始

日立製作所とがん研究会有明病院は、 日立のコミュニケーションロボット「EMIEW(エミュー) 」を来院者の安全確保補助として活用する評価研究を開始しました。

日立製作所、日立財団を通じて感染症研究への支援を実施

日立製作所は、日立財団に1億円を寄付し、新たに設置された「日立感染症研究支援基金(仮称)」を通じて、新型コロナウイルスを含む感染症の予防・診断・治療に関する医療関連技術の研究開発などを支援します。

新型コロナウイルスの影響を受けた事業者支援のご案内

日立は、クラウドファンディングサービス「Kiva」を通じて、新型コロナウイルスの影響を受けた世界各地の事業者を支援しています。この取り組みには誰でも参加することが可能で、25ドルの融資を行うと、更なる支援のために日立から25ドル分のチケットが配布されます。詳しくは公式サイトをご覧ください。(英語サイト)

「3密」回避の複雑なシフト作成を可能に 日立の最新テクノロジー「CMOSアニーリング」

日立製作所の中央研究所では、研究者の感染リスクを最小限に抑えるため、「CMOSアニーリング」という最新の技術を使って社員のシフト作成を行っています。この取り組みについて、開発者に取材しました。

コロナ危機で工場にも「リモートワーク」の波 日立の「スマート工場」に高まる期待

日立ハイテクは、製造業におけるリモートワークの拡大を後押しするため、世界中の工場を遠隔で管理できる「Smart Factory as a Serivce」を提供しています。コロナ禍における活用に期待が高まっています。

View all