ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

理念

茨城県北二次医療圏(日立市・高萩市・北茨城市)とその周辺の医療機関および院内診療科と連携し、チーム医療の実践により生活習慣病に起因する合併症の重症化予防と治療、啓発活動を行います。

入口

腎臓病・生活習慣病センター長からのご挨拶

植田医師

このセンターでは、健診から見つかる高血圧、糖尿病などの軽症の生活習慣病の方から糖尿病専門外来や腎臓病専門外来に通院する病状の重い方、そして末期腎不全に至り透析治療を行っている方まで、一貫した外来診療を行うことを特長としております。特にサポートチームと称する多職種からなる専門家のグループによる食事、運動や生活指導を行うことにより、生活習慣病の重症化を予防し合併症の発症を防ごうとする特色のあるセンターです。院内の診療科の協力はもとより、地域医師会の先生方と連携協力することにより、日立医療圏の生活習慣病対策に寄与できるものと考えております。今後は、日立モデルと言われるような生活習慣病診療システムとその成果を、県内そして国内へ発信して行ければと考えております。みなさまのご協力、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

腎臓病・生活習慣病センター長
植田 敦志

基本方針

  1. 高血圧や糖尿病などの生活習慣病に起因する合併症の重症化予防のための指導とその治療を実施します。
  2. 慢性腎臓病の治療および腎不全進行抑制に対する指導(食事・運動・生活管理)と啓発活動を行います。
  3. 腎機能が低下した患者へ血液透析及び腹膜透析治療の実施と腎移植に関する情報提供を行います。
  4. チーム医療による患者と家族への指導や講習会を実施します。
  5. 糖尿病や血管障害による足病変のケアに取り組みます。
  6. 茨城県北二次医療圏のニーズを取り入れた地域医療連携システムを確立します。

診療科のご案内

  • 内科・生活習慣病外来
     健診において、受診勧奨値を超えた方達(肥満・高血糖・高脂血症・高血圧)を対象に
     食事、生活などの「指導」を中心とした外来となります。
     *日立総合健診センターからの紹介受診と地域のみなさまへもご案内をはじめました。
  • 腎臓内科
     慢性腎不全・急性腎不全・ネフローゼ症候群・急性腎炎、急速進行性糸球体腎炎などの
     診療を行います。
     腎臓内科へリンク
  • 代謝内科
     糖尿病・内分泌疾患の診療を行います。
     代謝内科へリンク
  • 腎移植説明外来
     腎代替療法の1つである腎臓移植について第1金曜日の午後に説明を行っています。
     高橋一広先生(筑波大学附属病院消化器外科講師)
  • 漢方外来
     漢方専門医である平山暁先生(筑波技術大学保健科学部附属東西医学統合医療センター教授)
     の外来です。
     冷え、肩こり、腰痛他不特定な痛みなど、だるさ・倦怠感,虚弱体質の症状緩和を目的に
     第4火曜日の午後に診療を行っています。
  • 透析外来
     血液透析治療(HD、OnLine-HDF)、腹膜透析治療(PD)、血液透析腹膜透析併用療法、
     血液浄化療法(CHDF・PE・DFPP・G-CAPなど)を行います。
     ・血液透析ベッド数45床(陰圧室4床を含む)
     ・腹膜透析診療室2室の治療室があります。

透析

サポートチームの紹介

多職種(医師・看護師・臨床工学技士・管理栄養士・理学療法士・薬剤師)によるチーム編成により各チームの活動テーマを1~2回/月の頻度で話し合いを行っています。

サポートチーム
チーム名称 活動テーマ
■腎内透析チーム 1)CKD教育目的入院診療システムの確立および教育目的入院プログラムの展開
2)症例検討(外来・入院患者・透析治療患者)
 ・HD評価と治療効果のグラフ化
 ・PDにおけるPET評価と効率
3)患者指導の充実
 ・RRTの在り方について
 ・SDM外来の活用
4)透析機器安全管理委員会
■生活習慣病チーム 1)生活習慣病外来指導および体制整備
2)指導効果の評価
3)学会、研究会への発表
4)国保患者指導体制の整備
5)地域栄養指導依頼施設数の確保
6)SAS導入患者の支援
■代謝内科チーム 1)糖尿病レクチャーの実施
2)個別指導の継続
3)在宅療養指導
4)糖尿病透析予防指導継続と中断の防止
5)看護指導外来業務スタッフの育成
■集団教室・患者教育 1)集団教室の開催
 ・腎臓病教室
 ・透析患者教室
■運動療法・フットケア 1)高度腎機能障害患者への指導
2)外来通院患者へのリハビリ介入
3)透析患者の体力測定と運動指導
4)下肢末梢動脈疾患の予防
■栄養管理ワーキンググループ


 □糖尿病透析指導診療チーム

1)透析患者のInBody結果の検証
2)CTによる内臓脂肪測定
3)糖尿病予防指導のデータ管理
1)チーム活動報告
2)課題解決の検討
■学術ワーキンググループ 1)学会・研究会などの情報提供
2)センター内外対象の勉強会開催
3)治験や他施設共同研究の推進
4)各チームのデータ抽出と管理
■地域連携ワーキンググループ 1)センター稼働状況の行政・医師会への報告
 患者紹介・逆紹介のための連携調整
2)フィットネス施設との連携
3)災害対策
 県北災害連携協議会との情報共有と標準化
4)PD在宅環境の整備
 訪問看護ステーションとの連携強化

スタッフ紹介

  • 看護師
    私たちは、外来および透析治療に至るまで、安心で安全な治療を受けていただけるよう、チームワークを大切に、患者さんの心に寄り添った看護を提供していきます。
    糖尿病療養指導士など専門資格を持った看護師が従事し、専門的知識・技術の提供を行います。
  • 臨床工学技士
    私たち臨床工学技士は、チームの一員として医療機器の操作と保守点検を通し、患者さんを支えるエンジニアです。治療に不可欠な透析液の作成・チェックを行っています。また、血漿交換などのアフェレーシス関連の治療も実施しています。安全で良質な治療を受けられるよう、腎臓病・生活習慣病センターを支えています。

その他にも、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師、歯科衛生士、薬剤師など多くの専門職スタッフが従事しています。

専門資格紹介

専門知識の習得と技術維持を目的に積極的に資格取得を目指しています。

専門資格
  資格名称 人数
医師 内科専門医(指導医) 2名(1名)
腎臓専門医(指導医) 2名(1名)
透析専門医(指導医) 2名(1名)
看護師 透析技術認定士 4名
慢性腎臓病療養指導看護師 1名
日本糖尿病療養指導士 2名
腎臓病療養指導士 3名
日本腹膜透析医学会指導看護師 2名
臨床工学技士 透析技術認定士 4名