ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

建設機械

社会インフラ構築に欠かせない建設機械。
低燃費かつ排出ガス規制に対応し、
グローバルなニーズに応えています。

環境課題解決への貢献

建設機械の燃費を向上

いま世界の新興国で鉄道や上下水道、電力など、社会基盤の整備が進んでいます。その現場に欠かせないのが油圧ショベルです。今後も世界的な需要が見込まれており、燃料消費を抑えることでCO2削減に大きく貢献すると期待されています。

環境課題解決への貢献

主な環境技術

日立は、低燃費を追求した油圧ショベルやホイルローダといった製品を提供しているほか、ICT*2を活用したサービスで生産性向上や安全性確保に貢献。グローバルなニーズに応えています。

ハイブリッド油圧ショベル

旋回減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーとしてキャパシタに蓄電し、旋回駆動時にアシストする旋回電動モータの作動エネルギーとして使用することで、従来の油圧ショベルに比べ約15%*3燃費を改善します。

環境課題解決へ排出ガス対策の貢献

排出ガス対策

エンジンの改善によりPM*4を低減したほか、尿素水を排気中に噴出し、アンモニアでNox (窒素酸化物) を窒素と水に分解するシステムを搭載するなど、日本だけでなく欧州、北米などのグローバルな排出ガス規制に対応しています (ZX330-6など)。

使用済み部品、故障した部品のリユース、リサイクル

建設機械部品再生事業を世界11か国で展開しています。機械修理時に発生した交換部品を新品同等まで機能修復し、品質保証を付けた再生部品として提供、資源の有効利用を推進しています。

*2
Information and Communication Technology
*3
ZH200-5Bと従来ショベルZX200-5Bの比較
*4
Particulate Matter: 粒子状 物質