ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

XMAP3:ソリューション・関連製品:スマートデバイスによる画面操作

職場PCへのリモートアクセス(ハードウェア導入)

Array Desktop Directを職場のLANに接続すれば、スマートデバイスを利用して基幹業務をいつでも、どこでも稼働できます。

職場PCにリモート接続(オンプレミス)のイメージ図
スマートデバイスでオンライン画面を操作

職場のシンクライアント化が進み、XMAP3画面についてもスマートフォンやタブレット端末で操作したいニーズが増えてきています。
(株)日立ソリューションズのArray DesktopDirectと連携すると、クライアントPCを携帯端末でリモートアクセスし、XMAP3画面をスマートデバイスで操作できるようになります。
外部からPCの電源ONも可能なため、休日や緊急時にも業務稼働可能です。

職場PCへのリモートアクセス(ASPサービス)

インターネットのサービスを利用し、少ない初期投資でスマートデバイスから社内の基幹業務をリモート操作できるようになります。

職場PCにリモート接続(クラウド)のイメージ図

(株)日立ソリューションズ・クリエイトのDo Mobile ASPサービスと連携すると、クライアントPCを携帯端末でリモートアクセスし、XMAP3画面をスマートデバイスで操作できるようになります。 ASPサービスのため、初期投資を抑えられ、社外からの画面操作期間が限定されるような場合に適しています。