ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

XMAP3:サポートプリンタ

XMAP3でサポートしているプリンタの機種をご紹介します。

ページプリンタ

(メーカー名はアルファベット・五十音順に掲載しています。new:最新は21年1月に追加したプリンタ機種です。)

ページプリンタ
PCの場合 GDI(Windows®共通)インタフェースによる印刷の場合
  • Windows®対応のプリンタドライバを提供している各社プリンタが利用できます。XMAP3で実機による稼働が確認されているプリンタは以下となります。

    ・キヤノン社プリンタ
      imageRUNNER ADVANCE
       8505B III/8595B III/8585B III
       8505B/8595B/8585B
      Satera LASER BEAM PRINTER
       LBP8730i/8720/8900/8710/8710e/9660Ci/9520C
       9950Ci/9900Ci/5910F/5910/9510C/6710i/6600/
       7600C/352i/351i/843Ci/842C/841C/712Ci
    京セラ社プリンタ
      ECOSYS P4140dnnew:最新/P4060dnnew:最新/P3145dnnew:最新/P3160dnnew:最新
      ECOSYS P8060cdn/P3060dn/P3045dn
      ECOSYS P4040dn/LS-4300DN/LS-4200DN/LS-2100DN
    ・日立プリンタ
      Prinfina COLOR CX4510
      Prinfina LASER BX3240/BX3530/BX3541/BX3550
    ブラザー社プリンタ
      HL-S7000DN
    リコー社プリンタ
      RICOH P 6030new:最新/6020new:最新
      6010new:最新/6000new:最新/501new:最新/500new:最新
      RICOH SP C840/C841/C750/C751/C830/8300
      8400/6410/6420/6430/6440/4500/4510
      RICOH Pro 8320/8310/8220/8210/
      8110/8120/6100/F2110/F2120/F2130
LIPS言語による印刷の場合
  • LIPSIII、LIPSIV、LIPSV対応の各社プリンタ*1が利用できます。XMAP3で実機による稼働が確認されているプリンタは以下となります。

    キヤノン社プリンタ
      LBP8730i/8720/8900/8710/8710e/9660Ci/9520C
      9950Ci/9900Ci/5910F/5910/9510C/6710i/6600
      7600C/352i/351i/843Ci/842C/841C/7200CN/3410/712Ci
WSの場合 AIX版、HP-UX版の場合
  • LIPSII+/III準拠プリンタ*1*2、PostScript Level2/3対応プリンタ*2が利用できます。XMAP3で実機による稼働が確認されているプリンタは以下となります。

    キヤノン社プリンタ*3
      imageRUNNER ADVANCE 8505B/8595B/8585B
    京セラ社プリンタ
      ECOSYS P8060cdn/P3060dn/P3045dn
      ECOSYS P4040dn/LS-4300DN/LS-4200DN/LS-2100DN
    ・日立プリンタ
      Prinfina COLOR CX4510
    ブラザー社プリンタ
      HL-S7000DN
*1
LIPSVおよびLIPSIVプリンタの場合、LIPSIIIの機能範囲で印刷可能です。またLIPSIIIプリンタでLIPSII+の互換機能を持つプリンタの場合は、LIPSII+での印刷も可能です。
*2
スタンドアロン環境での印刷ではLPスプール経由での印刷が前提となります。また、出力対象プリンタはネットワーク接続プリンタが前提です。カラープリンタの場合にはモノクロ印刷となります。ただしPCをクライアントとしたC/SシステムでのGDI印刷モードの場合には、画像および色を指定した文字の部分はカラー印刷できます。
*3
WS版XMAP3にてLIPS印刷を行う場合「並列受信」の設定をオフにしてご利用ください。

シリアルプリンタ

(メーカー名はアルファベット・五十音順に掲載しています。)

シリアルプリンタ
PCの場合 GDI(Windows®共通)インタフェースによる印刷の場合 Windows®対応のプリンタドライバを提供している各社プリンタが利用できます。
ESC/P言語による印刷の場合
  • ESC/P J84準拠の各社プリンタが利用できます。XMAP3で実機による稼働が確認されているプリンタは以下となります。

    エプソン社プリンタ
      VP-1900N/VP-1900/VP-4300N/VP-4300*3
      VP-5200N/VP-5200/VP-6200N/VP-6200*3
      PLQ-20S
    ・日立シリアルプリンタ
      Prinfina IMPACT DX5130/DX4070S/DX4081A/DX4131A/
      DX4181A/DX1080
    ・日立ラインプリンタ
      Prinfina IMPACT GX5300/GX5450/GX5601/GX5601P
    富士通アイソテック社プリンタ
      fit7850*3/fit7650*3/fit7550*3/fit7450/fit3250
    リコー社プリンタ
      KD38A/55A/80A/55AH
WSの場合 AIX版、HP-UX版の場合
  • ESC/P J84準拠プリンタ*1が利用できます。XMAP3で実機による稼働が確認されているプリンタは以下となります。

    ・日立シリアルプリンタ
      Prinfina IMPACT DX5130/DX4070S*2/DX4081A*2/DX4131A*2
      DX4181A*2/DX1080
    ・日立ラインプリンタ
      Prinfina IMPACT GX5300/GX5450/GX5601/GX5601P
*1
スタンドアロン環境での印刷ではLPスプール経由での印刷が前提となります。また、出力対象プリンタはネットワーク接続プリンタが前提です。
*2
水平インサータ制御(用紙吸入/排出、および印刷前後の改ページ)は、スタンドアロン印刷では利用できません。パソコンをクライアントとしたC/Sシステム構成でご利用ください。
*3
本機種は印刷モード「PDL スルー:拡張ESC/P シリアルインパクトプリンタ」の対応機種です。拡張ESC/Pコマンドを指定することでカット紙/連続紙の自動切換、排出先指定を行えます。