ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

帳票ソリューション

帳票ソリューションとは

帳票印刷、電子帳票出力を実現する帳票システムの構築支援

基幹システムや業務システム、パッケージシステムなどから出力される多様な帳票に対して、帳票印刷や電子帳票出力により、Webでの利用や二次利用などを実現する帳票システムの構築を支援します。
これらの支援はミドルウェア活用スターターサービス、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題:帳票業務のコストを削減したい

【現状】帳票業務はコストがかかる

「電子帳票によりペーパーレスを推進し、コストを削減したい」「海外拠点でも日本と同じ帳票ツールを利用し、構築、運用コストを削減したい」

帳票業務において、紙の帳票を利用している場合、資源を消費し、紙のコストもかかることになります。紙の帳票を電子化することでペーパーレスを推進し、資源の節約や紙のコストを削減する必要があります。
また、事業のグローバル展開に伴って、海外拠点でも帳票システムを構築する必要がありますが、各国語に合わせた帳票ツールを導入すると、それぞれに構築、運用のコストが掛かってしまいます。

【解決】帳票業務を総合的に支援する帳票ツールの導入でコスト削減

帳票ツールの導入イメージ

帳票ツールは、帳票を紙に印刷するだけでなく、PDF形式やExcel形式などの電子帳票を出力することができます。電子帳票を出力できることで、ペーパーレスを推進し、紙のコストを削減できます。
また、多言語環境に対応しており、Windows対応のプリンタであれば現地調達したプリンタで印刷が可能なため、海外拠点でも帳票ツールを使用できます。帳票ツールを一本化することにより、帳票システムの構築、運用のコストを削減することが可能になります。
さらに、スプールサーバを自由に配置できるので、拠点に置いたスプールサーバに帳票を送付し、拠点での都合に合わせた帳票印刷を行うといった運用もできます。

課題:見やすく分かりやすい帳票をすばやく作成したい

【現状】帳票作成は制約が多い

帳票作成は用紙、書体、表、改行/改ページ、見た目、レイアウト等の制約が多くなりがちです。既存の帳票を流用する場合はなおさらです。このように帳票作成は工数がかかる傾向にあります。

【解決】Hitachi Report for SVFで効率的な設計

Hitachi Report for SVFはGUIで目的にあった帳票を効率的に設計できます。また、Officeで作成した既存帳票のレイアウトをフォームに取り込むことができます。これらの機能により帳票作成の工数を削減することができます。

Hitachi Report for SVFの帳票作成イメージ

課題:帳票をさまざまな機器を使って場所を問わず参照したい

【現状】帳票はファイル形式や媒体が異なることがある

帳票には、紙帳票、ワードやエクセルのオフィスデータ等、ファイル形式や媒体が異なることがあります。このため帳票を参照するのにファイル形式、媒体に合わせたソフトウェアなどの参照手段が必要です。 

【解決】Report for SPAで必要な帳票を統一の手段で参照

Hitachi Report for SPAでさまざまな帳票をPDF化することにより、必要な帳票を環境に依存しない統一の手段で参照できます。PDFにはマスクなどのセキュリイティ機能を付けることができるので、セキュアな検索/活用ができます。

Hitachi Report for SPAの帳票PDF化イメージ

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
帳票・文書管理 帳票ツール(新規の方はこちら) Hitachi Report for SVF
Hitachi Report for SPA
帳票ツール EUR