ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

データ加工ソリューション

さまざまな場面で扱う“データ”は、種類や用途が多様化しています。これらのデータを効率良くかつ効果的に利活用するためにデータを加工するプログラムの設計や開発を支援します。

データ加工ソリューションとは

「データ加工ソリューション」は低コストかつ高品質なデータマイグレーション(データ移行)やデータインテグレーション(データ統合)の実現を支援するソリューションです。
お客さまの要件に応じて、データ加工の処理方式を提案し、データを加工するツールや設計書・手順書などを提供します。
ツールはシェルスクリプトなどでデータ加工処理を部品化して提供するため、低コスト化、開発要員の削減を実現できます。また、共通部品には日立ミドルウェア製品を活用していますので、高い品質を確保できます。
このソリューションでは、「データ移行ツール」「データ現新比較ツール」「データ加工支援」などを提供します。

データ加工ソリューションイメージ

このようなお客さまにおすすめします。

  • システム移行において、移行ファイルが多く、データ移行設計・移行ツールの作成工数が大きい
  • システム移行や業務プログラム改修でのテスト工程において、DBやファイルの現新比較の検証作業を効率化したい

課題1:膨大なデータをスムーズに移行したい

【現状】長年蓄積されたシステムはデータ移行量が膨大なため、移行設計や移行ツール開発の工数が増加

システム移行時には、データの文字コードやエンディアン変換など変換処理方式を検討する必要があります。また、移行するデータのファイルレイアウトに応じた移行ツールを準備する必要もあります。データ量が多いとこれらの作業には多くの時間を要します。

【解決】データ移行の方式検討や移行ツール開発をアウトソーシングできる

このソリューションでは、データ移行時の変換処理方式の検討を支援し、移行ツール開発作業をアウトソーシングできます。作業者は、データ移行に必要なシステム要件やファイルレイアウト情報を伝えるだけでよく、変換処理方式検討などのスキルが必要な部分に工数をかける必要はありません。

膨大なデータをスムーズに移行するイメージ

課題2:データの現新比較検証を効率化したい

【現状】現行システムと新システムの移行検証結果を確認するため工数が増加

システム移行や業務プログラム改修でのテスト時には、現行のプログラムが出力した結果と、移行・改修したプログラムが出力した結果が正しいことを検証する必要があります。出力した結果のファイルの種類が多かったり、容量が大きかったりすると、検証する際の確認に多くの時間がかかってしまいます。

【解決】ツールの導入によって現新比較検証を効率化できる

このソリューションで提供するデータ現新比較ツールを使用すれば、比較対象となるファイルを指定するだけで、出力した結果が正しいかどうかを判定できます。また、比較した結果が不一致と判定された場合に、ツールの出力結果から容易に不一致箇所を特定できます。

データの現新比較検証を効率化するイメージ

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
実行基盤 データ加工 SORT Version9 - Extended Edition
データ仕様可視化ツール
文字コード変換 日立コード変換
言語 COBOL言語 COBOL2002
DB データベース HiRDB
帳票 バッチ帳票出力 PRINT DATA EXCHANGE オープンタイプ