ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

分散トランザクションマネージャ uCosminexus OpenTP1:
特徴:Version7.5の強化ポイント

OpenTP1が使用できるリソース量の拡大−大規模化対応とサーバ集約によるコスト削減

システム構成の大規模化に対応できます。
また、サーバの集約によってシステムの構築コストやサーバの運用コストを削減できます。

イメージ図

OpenTP1の稼働状況の監視−OpenTP1のハングアップ状況からの復帰

HAモニタまたはHitachi HA Toolkit Extentionを使用しないシステムでもOpenTP1の稼働状況を監視し、自動的に再起動させることでOpenTP1のハングアップ状況から復帰させることができます。

稼働状況の監視のイメージ図

トレーサビリティの強化−OpenTP1とHiRDB間のトランザクションを関連付け

Hitachi System Information Capture の「サーバ間連携機能」を使用することでOpenTP1とHiRDB間のトランザクションを関連付けられるようになり、より一層のトレーサビリティが向上しました。

OpenTP1とHiRDB間のトランザクションを関連付けのイメージ図

システム運用容易性の向上−OpenTP1状態確認コマンド

OpenTP1の状態を確認するコマンド(dcstatus)を使用することでOpenTP1がオンライン状態であるかを確認できるようになりました。

OpenTP1状態確認コマンドのイメージ図

uCosminexus OpenTP1 Version7.5情報について

  • uCosminexus OpenTP1 Version7.5 はUnix(AIX/HP-UX)版、Linux版、Windows版についてリリース済みです。
  • リリース時期・価格・新機能に関しては一部変更の可能性がございます。詳細については、弊社営業にお問い合わせください。