ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

キーワード:セキュリティ対策、IT資産管理、コスト最適化、運用効率向上

管理プロセスの確立と効率化で、適切なIT資産管理を実現

企業に必要不可欠となっているIT資産ですが、どのIT資産を誰が利用しているか、どのようなソフトウェアが利用されているか、セキュリティ対策はきちんと行われているか、適切に把握できているでしょうか。 IT資産の管理に抜け漏れがあると、ソフトウェアライセンスの管理やセキュリティ対策にも抜け漏れが生じてしまいます。IT資産の管理プロセスを適切に運用していれば、ソフトウェアライセンスの違反がないことを説明しやすくなります。また、IT資産を正確かつ網羅的に把握することができるため、セキュリティ対策の抜け漏れも起こり難くなります。
このソリューションでは、お客さまがIT資産管理の目的として何を重視するかに応じて、標準的な管理基準やベストプラクティスなどに基づいた管理プロセスを構築し、その運用を支援するシステムの構築を実現します。 また、構築した管理プロセスは、それで完成ではなく時代や組織の状況などと共に適切な変化と改善をし続けることが重要です。そのため、管理状態の評価や変化に応じたシステムの見直しなどをサービスとしてご提供することで、陳腐化しにくいIT資産管理の実現も支援します。

管理プロセスの確立と効率化で、適切なIT資産管理を実現

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • IT資産管理に関して詳しい人材がおらず、運用が確立されていない
  • ソフトウェアライセンス管理を適正に実施したい
  • IT資産の正確な把握ができず、セキュリティ対策の抜け漏れが心配

このソリューションを実現する製品・サービス

IT運用最適化サービス

お客さまの規定や手続きに合わせてIT資産管理の運用プロセスを構築し、システム化します。また、継続的に評価を実施して運用改善を行うことで、陳腐化しないIT資産管理の実現を支援します。

カタログ・資料

JP1とServiceNowで実現するIT運用の最適化(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約6MB)

「JP1フォーラム2019 〜システム運用の一歩先へ〜」講演資料です。
IT部門がDXをどのように推進すべきか、課題と解決策を事例を交えて紹介しています。

※ 資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。

IT資産管理を支援するシステム構築について考える(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約14MB)

ITAM World 2019 日立セッション講演資料です。
ITから提供される機能ありきの考え方を捨て、管理する目的ありきでITを手段として活用するという視点に立ったシステム構築について紹介しています。

※ 資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。

おすすめのソリューション