ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

キーワード:セキュリティ対策、運用効率向上、運用負荷軽減

セキュリティインシデントへの迅速・的確な対応を支援

新たな脅威に対して新しいセキュリティ製品を導入する、発生したインシデントや発見した脆弱性に都度対応する、という対策に追われていないでしょうか? 日々進化するサイバー攻撃に対抗するには、脆弱性の可視化など未然にリスクを低減する「プロアクティブ」と、発生したセキュリティインシデントに迅速・的確に対応する「リアクティブ」の両面から、より効果的で効率的な対策や運用を優先して行っていくことが不可欠です。
このソリューションでは、プロアクティブ、リアクティブ両面からセキュリティインシデントを統合管理し、運用プロセスの改善や日立が蓄積したセキュリティ運用のノウハウを学習させたAIによる検知・判断の自律化、対処の自動化によって、迅速・的確な対応を支援することで、お客さまの環境に合わせたセキュリティ運用をトータルでコーディネートし、セキュリティ品質を保ちながら効率的な運用を実現します。

セキュリティインシデントへの迅速・的確な対応を支援

AIによる自律的な監視・検知でセキュリティ対策と運用を支援

高度な技術者による運用に頼ることなく、AIによる自律的な社内ネットーワークの監視・検知を実現します。マルウェアなどのサイバー攻撃を初期侵入の段階で検知し、AIによる自動判断で対応を決定することで、その後の迅速な対処と的確な再発防止の実施を支援します。

脆弱性の把握から対策までの運用プロセスを一貫してサポート

PCやサーバ、仮想デスクトップ、スマートデバイスなどで利用しているソフトウェア情報を収集し、公開されている脆弱性情報(JVN)と突き合わせて脆弱性を自動的に検知し、対策版のアップデートまでを自動化することで、プロアクティブなセキュリティ運用を支援します。

注:
JVN(Japan Vulnerability Notes)は、JPCERTコーディネーションセンターと独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が共同で運営、公開しているソフトウェアの脆弱性情報です。

カタログ・資料