ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

キーワード:セキュリティ対策、コスト最適化、運用効率向上

ソフトウェアの脆弱性対策を効率化

多種多様なソフトウェアの脆弱性情報が日々報告されています。対策が必要なソフトウェアが社内で利用されているかどうか、把握できているでしょうか? 脆弱性のあるソフトウェアの利用者が多い場合は、対策を徹底したり、対策されたことを確認するのも大変な手間がかかります。
このソリューションでは、JPCERT コーディネーションセンターと独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)が共同で運営しているJapan Vulnerability Notes(JVN) ※と連携し、社内で利用しているソフトウェアに影響のある脆弱性の可視化と、自律的な対策を支援します。社内で利用しているソフトウェアの情報を自動で収集し、JVNが提供している脆弱性対策情報データベースと突き合わせを行うことで、対策が必要なソフトウェアとそのソフトウェアがインストールされているPCの洗い出しを自動的に行います。また、対策が必要なPCに対して対策プログラムを自動的に配布・インストールでき、適用結果も容易に確認できます。これにより、ソフトウェアの脆弱性へのより確実な対応が可能になります。

Japan Vulnerability Notes(JVN)は、JPCERTコーディネーションセンターと独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が共同で運営、公開しているソフトウェアの脆弱性情報です。

ソフトウェアの脆弱性対策を効率化

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • 社内システムで利用しているソフトウェアの脆弱性対策に不安がある
  • 管理台数が多く、1台1台のセキュリティ対策状況を把握できていない
  • 脆弱性対策を自動化したい

このソリューションを実現する製品・サービス

IT運用最適化サービス

社内で利用しているソフトウェアに影響のある脆弱性の正確な把握と、自律的な対策運用を実現するための、環境構築・開発を支援します。運用開始後も、適用効果の評価や改善を継続的に支援します。

カタログ・資料

JP1とServiceNowで実現するIT運用の最適化(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約6MB)

「JP1フォーラム2019 〜システム運用の一歩先へ〜」講演資料です。
IT部門がDXをどのように推進すべきか、課題と解決策を事例を交えて紹介しています。

※ 資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。

おすすめのソリューション