ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

キーワード:IoT、業務効率化、システム安定稼働

IoTデバイスの状態をリモートで管理し、不具合発生時の対処を支援

社会インフラへの活用例として、水道管にセンサーを設置して振動などの変化を捉えることで、漏水を予測する取り組みが始まっています。このような目的で活用されるIoTデバイスは、それ自体の稼働状態を正常に維持することが重要になりますが、広範囲にわたり膨大な数が設置されているうえに、設置する環境も目視で簡単に確認できないなど、IoTデバイスの状態を把握するのが難しいといった問題があります。
このソリューションでは、地理的に分散していたり、さまざまな環境に設置されていたりするIoTデバイスの情報を収集して一元管理することにより、IoTデバイスの状態をリモートで確認できるようにします。また、収集した情報をふかん的に確認できるようにすることで、不具合が発生したIoTデバイスの特定を容易にし、迅速な対処を支援します。

IoTデバイスの状態をリモートで管理し、不具合発生時の対処を支援

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • IoTデバイスの数が膨大で、どの場所に何があるか、どのような状態かを管理できていない
  • IoTデバイスに不具合が発生していても、サービス停止などの事故が起こるまで気づけない
  • IoTデバイスに不具合が発生した場合にすぐに対処して、サービスを継続できるようにしたい

このソリューションを実現する製品・サービス

JP1 for IoT - デバイス管理

IoTプラットフォームと連携することで、IoTデバイスの配置、設置場所などの情報や、稼働/不稼働などの稼働状態の情報を一元管理します。

JP1/Integrated Management 2

IoTデバイスの情報を地域別や機種別などの利用目的にあわせたさまざまな見せ方で可視化できます。

カタログ・資料

おすすめのソリューション