ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

キーワード:IoT、セキュリティ対策

多種多様なIoTデバイスのセキュリティ対策と管理・運用を効率化

センサーや監視カメラ、家電や車などあらゆるもの(IoTデバイス)がインターネットにつながり、さまざまなサービスの提供が可能になってきています。IoTデバイスが急激に普及する一方で、これらのIoTデバイスを標的にしたサイバー攻撃が急増し、乗っ取り、不正アクセスや情報流出などの被害は後を絶ちません。
このソリューションでは、多種多様なIoTデバイスの情報を集約して一元的に管理し、管理しているIoTデバイスの初期設定や不必要なサービスの無効化、パスワードの定期的な変更、ファームウェアの最新版へのアップデートなどをリモートで実行することにより、IoTデバイスのセキュリティ対策と管理・運用の効率化を実現します。

多種多様なIoTデバイスのセキュリティ対策と管理・運用を効率化

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • 監視カメラなどのIoTデバイスからの情報搾取や情報流出を防ぎたい
  • 広域に分散して配置しているIoTデバイスのセキュリティ対策を効率的に実施したい
  • 膨大な数のIoTデバイスがあり、セキュリティ対策ができていない

このソリューションを実現する製品・サービス

JP1 for IoT - デバイス管理

IoTプラットフォームと連携することで、多種多様なIoTデバイスのセキュリティ対策と管理・運用の効率化を支援します。

JP1/Integrated Management 2

IoTデバイスの情報を地域別や機種別などの利用目的にあわせたさまざまな見せ方で可視化できます。

カタログ・資料

IoTのセキュリティ対策、それで本当に大丈夫?-動き始めたIoT本格時代に向けて-(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約8MB)

SORACOM Discovery 2019 日立ブースプレゼンテーションの講演資料です。
さまざまなモノがネットワークにつながるIoT時代。IoT化に伴う新たなセキュリティ課題と解決策について紹介しています。

※ 資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。

おすすめのソリューション