ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

タイトルとURLをコピー

キーワード:AI・機械学習、業務効率化、スキル補填、運用品質向上

作業負荷や属人性の高いIT運用業務にAIを適用し、運用の自律化を促進

システム運用業務において、「運用が特定の人に依存している」「品質は上げたいが、運用コストは削減したい」「運用を自動化したいけど、人の判断が入る作業の自動化は難しい」「運用改善にAIを活用したいが、人材(AI技術者)が不足している」といったお悩みはありませんか?
このソリューションでは、AIを単なる部品として提供するのではなく、運用現場のユースケースを考慮し、オペレーターやエンジニアといった役割ごとのGUIや機能とあわせて提供します。お客さまが「運用コストが高い」、「属人性が高い」と日々感じている作業に対して、AIの適用で改善効果が図れそうかを共に検討し、AIを適用することによる効果を事前に検証したうえで、AIの導入作業だけではなく、導入後の改善も継続的に支援します。

作業負荷や属人性の高いIT運用業務にAIを適用し、運用の自律化を促進

システム監視にAIを適用し、イベント振り分け作業を自動化

AIを活用して、システムが発行するメッセージやイベントに対応する運用マニュアルの抽出やマニュアル改善を容易にすることで、イベント振り分け作業の効率化を支援します。

「いつもと異なる」を自動検出、AI適用で障害の予兆を発見

日立のサポートノウハウとお客さまのノウハウを取り込んだAIの活用により、システム異変の検知や要因分析を行うことで、技術者や有識者に依存しない障害の未然防止を支援します。

システムの稼働レポートの作成にAIを適用、データ整理、傾向分析、問題抽出を効率化

膨大な稼働データの整理や傾向分析、問題抽出にAIを活用することで、高度なスキルを必要とする稼働レポート作成の効率化を支援します。

カタログ・資料