ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

キーワード:AI・機械学習、コスト最適化

AIによるデータ分析で稼働レポート作成を効率化

「膨大な稼働データの分析に時間がかかる」「課題を抽出したり、全体状況を評価したりするには、高度なスキルが必要。できる人も限られる」「システムの稼働レポートを作成するために、高度なスキルを持つエンジニアがかなりの時間を割いている」といったことはないでしょうか。
このソリューションでは、大量の稼働データの整理や傾向分析、過去の稼働データと異なる傾向が発生していないかの抽出にAIを適用することにより、過去データの傾向をもとにした予想値から大幅に乖離し過去にも例がない現象が発生している時間帯や、その判断根拠とした発生現象・測定値の推移などを提示します。問題の有無や問題箇所・内容の把握が容易になり、レポート作成作業の効率化が図れます。

システムの稼働レポートの作成にAIを適用 データ整理、傾向分析、問題抽出を効率化

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • 膨大な稼働データの整理や分析に時間がかかる
  • 高度なスキルを持つエンジニアが稼働レポートの作成にかかりきりになってしまう
  • 特定の人しか稼働レポートを作成できない

このソリューションを実現する製品・サービス

IT運用最適化サービス

システムの稼働レポート作成を効率化するための事前検証や本番運用へのAI適用(環境構築・開発)を支援します。運用開始後も、適用効果の評価や改善を継続的に支援します。

カタログ・資料

JP1とServiceNowで実現するIT運用の最適化(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約6MB)

「JP1フォーラム2019 〜システム運用の一歩先へ〜」講演資料です。
IT部門がDXをどのように推進すべきか、課題と解決策を事例を交えて紹介しています。

※ 資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。

おすすめのソリューション