ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

キーワード:AI・機械学習、業務効率化、コスト最適化、運用効率向上、運用負荷軽減

AIによるマニュアル自動抽出でイベントの振り分け作業を効率化

「システムから発行されるイベントが多く、オペレーターの対応負荷が減らない」、「運用マニュアルの改善が滞っていて、エスカレーションミスが減らない」 といったように、イベント振り分け作業が、運用コストを軽減する際の大きな障壁となっていないでしょうか。
このソリューションでは、発生したイベントに該当する運用マニュアルや類似イベントへの対応記録をAIが自動的に探し出してオペレーターに提示することで、イベント振り分け作業の効率化を実現します。運用マニュアルが十分に整備されていない状況でも、蓄積した対応記録をノウハウとして活用したり、マニュアル整備に活用したりすることが容易になり、運用効率の向上が期待できます。
また、エスカレーションミス発生時のエンジニアからのフィードバックをAIが学習することで、オペレーターが交代した場合でも、同じエスカレーションミスが発生するのを防げます。AIが蓄積した是正記録から、改善が必要な運用マニュアルを簡単に把握することができるので、運用マニュアル自体の改善にも役立てることができます。
運用マニュアルが増えたり、変更になったりしても、再学習することなくエスカレーションの精度を維持でき、継続的なAI育成も効率的に行えます。

AIによるマニュアル自動抽出でイベントの振り分け作業を効率化

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • 監視業務の運用コストを削減したい
  • エスカレーションミスをなくしたい
  • 監視運用を効率化したい

このソリューションを実現する製品・サービス

IT運用最適化サービス

システムが発行するイベントの振り分け作業を効率化するための事前検証や本番運用へのAI適用(環境構築・開発)を支援します。運用開始後も、適用効果の評価や改善を継続的に支援します。

カタログ・資料

JP1とServiceNowで実現するIT運用の最適化(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約6MB)

「JP1フォーラム2019 〜システム運用の一歩先へ〜」講演資料です。
IT部門がDXをどのように推進すべきか、課題と解決策を事例を交えて紹介しています。

※ 資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。

おすすめのソリューション