ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

Intelligent Monitoring | ネットワーク管理

JP1/Network Node Manager i、JP1/SNMP System Observer

ネットワークの集中管理と迅速な障害対応を実現したい

製品概要

JP1/Network Node Manager i は、業界標準のSNMPを採用し、ネットワーク全体をビジュアルなマップで集中管理できる製品です。

ネットワーク上のノードを検出し、自動的に最新のネットワーク構成図(トポロジマップ)を作成します。管理対象を示すシンボルは、状態の変化に伴って色が変化するので、問題が発生してもすぐに把握できます。障害発生時は、根本原因解析機能(RCA)により、検知した障害事象の中から対処すべき重要なインシデントだけに絞り込んで通知されるため、障害対応を迅速に行うことができます。

SNMP : Simple Network Management Protocol
RCA : Root Cause Analysis

変化するネットワークの安定稼働を支援

大規模で複雑なネットワークや、データセンターのように仮想化・冗長化が進んでいるネットワークでも、自動検出されたノードの状態がトポロジマップに反映されるため、管理者は手間をかけずに最新の構成と状態を把握できます。障害発生時にはインシデントが通知されるため、画面上で発生場所を特定したり、障害ノードの詳細情報やリソース情報を確認したりすることで、迅速な障害対策を可能にし、ネットワークのダウンタイムを短縮できます。

幅広い監視対象

サーバ、ルーター、スイッチなど、業界標準のSNMPに対応している機器ならベンダーを問わず管理できます。NATを適用したネットワークも管理できるため、ネットワークの拡張や構成変更にも対応。また、JP1/Network Node Manager i Advancedは、IPv4とIPv6が混在しているネットワークの管理や、大規模なネットワークの分散管理にも対応しており、お客さまの環境やニーズにあわせた監視運用を実現できます。

NAT : Network Address Translation

変化するネットワークの安定稼働を支援・幅広い監視対象

紹介ムービー

ネットワーク障害の根本原因をかんたんに特定できます
ネットワーク障害の根本原因をかんたんに特定できます

ネットワーク構成の把握と障害管理

ネットワーク構成をビジュアルに管理

ネットワーク上のノードを検出し、自動的にトポロジマップを作成します。仮想ネットワークも含め、構成に変化があった場合は自動的にトポロジマップが更新されるため、メンテナンスする手間をかけずに最新のネットワーク構成を把握可能。また、管理対象の状態によってシンボルの色が変わるので、障害発生などの状況変化を視覚的に捉えることができます。内部IPアドレスとNAT変換後の外部IPアドレスの対応も容易に確認できます。

ネットワーク構成をビジュアルに管理

グループ化・階層化で、わかりやすく管理

IPアドレスやデバイス種別など、さまざまな条件でノードをグループ化・階層化したり(ノードグループの作成)、マップの背景に写真や地図などを貼り付けて、物理的な配置や構成をイメージしやすい管理画面を作ることができます。たとえば、サーバの種類や役割ごとにノードをグループ化して表示したり、全社・支社といった会社組織や地域・拠点といったロケーションを意識してグループを階層化したりできます。

グループ化・階層化で、わかりやすく管理

障害の原因となるイベントだけを通知

ネットワーク障害で大量のイベントが発生しても、イベントの相関関係を認識してフィルタリングし、障害の根本原因だけをインシデントとして通知します。管理者が大量のイベントを解析する手間が省け、障害対策を迅速化できるため、ネットワークのダウンタイムを短縮できます。また、ノードやノードグループごとに監視対象外にする期間を設定することにより、サーバやネットワーク機器のメンテナンス時に不要なインシデントが発生することを抑止できます。

障害発生箇所を迅速に特定

インシデントの参照画面からノードグループマップ画面を表示して、障害が発生しているサーバやネットワーク機器がどこに設置されているかを迅速に特定できます。また、トポロジマップ画面では障害発生ノードのトポロジ構成、デバイス情報、MIB情報などがまとめて表示されるため(アナリシスペイン)、トラブルシュートの迅速化が図れます。

MIB : Management Information Base

障害対応状況の管理

インシデントの状態(登録済み・進行中・完了・解決済み)を管理することにより、障害対応状況を把握でき、対処漏れを防止できます。インシデントには緊急性を示す優先度を5段階で設定できるため、優先度の高い障害から重点的に対応するといった運用が可能です。

障害発生時の自動アクション

障害が発生してインシデントが登録された場合などにはコマンドによる自動アクションを実行できるため、管理者への自動通知やログの採取などが可能です。

インシデントを見やすく表示

インシデントの参照画面では、優先度別や解決済み・未解決などのカテゴリ別にインシデントを表示したり、重大度に合わせてインシデントの色を変更したりできます。また、ノードグループごと、過去1時間・1日・1週間・1か月などのフィルターを使用した絞り込み表示により、効率よく管理することが可能です。

インシデントを見やすく表示

高度なネットワーク技術や大規模ネットワークにも対応

高度なネットワーク技術に対応

ルーターの冗長化構成やスイッチの冗長接続(リンクアグリゲーション)など、高度な技術を適用したネットワーク構成を自動で認識します。ルーターが冗長化構成の場合、待機系に切り替わったのか、現用系と待機系の両方が停止したのか区別ができ、スイッチのリンクアグリゲーションで障害が発生した場合は、リンクの切断が一部なのか全体なのかの区別が可能です。そのため、管理者は障害対応の緊急度や優先度を適切に判断できます。

大規模ネットワークの管理

拠点ごとの管理を行うリージョナルマネージャーとそれらをまとめるグローバルマネージャーを設置することで、大規模なネットワーク環境を一元管理できます。また、グローバルマネージャーと直接通信できない拠点のデバイスも、拠点内のリージョナルマネージャー経由で監視できます。

JP1/Network Node Manager i Advanced の機能です。

高度なネットワーク技術に対応、大規模ネットワークの管理

システムリソースとプロセスの監視

障害発生ノードのリソース情報を表示

Windows、UNIX、Linuxや、SNMPをサポートする各種サーバ・ネットワーク機器の性能情報、統計情報、稼働情報をリアルタイムに監視できます。トポロジマップから障害が発生しているノードのリソース情報を迅速に確認できるため、障害の原因究明と対策に役立ちます。また、しきい値超過などのインシデントが発生した場合は、インシデントの参照画面から収集した情報をグラフ表示して、データの推移を確認することも可能です。

収集できる情報

性能情報
CPU利用率、メモリー使用率、ディスク使用率 など
統計情報
回線利用率、インタフェーストラフィック など
稼働情報
稼働プロセス数や各種サマリ情報 など

リソース情報のレポート出力

収集したリソース情報はデータベースに蓄積し、日単位、月単位など任意の期間でレポートを作成できます(グラフ形式とCSV形式)。レポートによってシステムリソースの傾向をつかむことができるため、計画的な運用を支援します。

ネットワークとリソース情報の一元管理

システムリソースやプロセスの異常は、トポロジマップやインシデントの参照画面で把握できます。ネットワークの構成と障害、システムリソース、プロセスやサービスの状態をシームレスに管理できるため、管理者の負担を軽減できます。

JP1/SNMP System Observerと連携して実現します。

プロセスやサービスの状態を監視

任意のアプリケーションについて、プロセスの死活監視やWindowsサービスの状態監視が可能です。プロセスの起動数が設定した上限値を上回る、あるいは下限値を下回る場合にインシデントを発行したり、インシデントの発行と合わせて任意のアクションを自動的に実行したりできます。

プロセスやサービスの状態を監視

ネットワーク管理情報を取得できるWeb APIの提供

Web APIの提供により、ネットワークノードマネージャーが保有するインシデント情報やノード情報などをHTTPまたはHTTPS経由でユーザーアプリケーションに取り込んで活用することができます。たとえば、使い慣れた管理情報サイトやポータル画面に、ネットワーク管理情報を他の情報と一緒に表示できるため、作業効率の向上が図れます。

JP1/Network Node Manager i Developer's Toolkitの購入が必要です。

ネットワーク管理情報を取得できるWeb APIの提供

実物イメージの画面によるネットワーク機器の監視・操作

スイッチ、ルーターなどのネットワーク機器の稼働状況をリアルなパネル操作画面で監視できます。さらに、ポート単位でもトラフィック情報を監視可能。コネクターが外れているなど、具体的な障害の事象が画面上にリアルに表示されるため、遠隔地からでも障害場所を容易に特定できます。

JP1/Network Element Manager for AX Series または JP1/Network Element Manager for Cisco の購入が必要です。

実物イメージの画面によるネットワーク機器の監視・操作

カタログ・資料