ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

Intelligence | 統合管理

JP1/Integrated Management 2

システムに関わるデータを統合し、さまざまな観点で分析・活用できるようにしたい

インテリジェント統合管理基盤による新たなIT運用のスタイル

インテリジェント統合管理基盤による新たなIT運用のスタイル

製品概要

JP1/Integrated Management 2は、システムで発生する事象(イベント)やシステムに関わるさまざまなデータについて、その関連性を統合管理し、利用者に応じた情報の提供・活用を支援する製品です。

システムに関わるデータの蓄積と関連付け

システムの構成情報、アラート情報、業務の実行状況やアプリケーションの稼働状況、KPIやコストなどのビジネス判断に必要な任意の情報を収集し、エンジニアが持っている知識や知見といったナレッジをもとにして、収集したデータの関連付けができます。知識や知見などのナレッジで情報と情報を関連付けて可視化・蓄積できるため、特定の人に依存しないシステム運用を可能にします。

システムに関わるデータの活用

立場や役割が異なる利用者が、情報のありかや入手のインタフェース、データの構成や関連性を意識することなく、必要な情報を容易に確認できます。発生した事象への対策優先度をビジネスやサービスの視点で判断したり、対策にあたるさまざまな役割の関係者が状況把握や情報共有を迅速に行えるなど、システム全体のインテリジェントな統合運用を実現します。

JP1/Integrated Management 2 によるインテリジェントなIT運用
システムに関わるデータの蓄積と関連付け・システムに関わるデータの活用

システム全体の可視化

システムの構成要素に関する情報を自動で取得し、各要素のステータスとそのステータスの変更要因になったイベントを1つの画面で集約して表示します。それぞれの要素のステータスは色で識別できるため、システム全体の健全性をひと目で把握できます。
サンバースト形式の表示では、監視対象システムの構成要素のステータス全体を俯瞰(ふかん)でき、ステータスが緊急や警戒となっている箇所とその詳細も容易に確認できます。
また、システムの構成要素を階層構成で表示できるツリー形式に表示を切り替えることで、システムを構成するホストや、ホスト内で稼働している業務(ジョブ)などの関係性も含めて各要素ごとのステータスを把握できます。
さらに、サンバースト形式またはツリー形式で確認したい構成要素を選択すると、関連するイベントだけを絞り込んで表示できるので、重要なイベントの見逃しも防止できます。

システム全体の可視化

システムに関わるさまざまな情報を活用した素早いインパクト分析

業務システム管理者が持つ業務同士の関係性やインフラ管理者が持つサーバとアプリケーションの関係性など、エンジニアの持っている知識や知見といったナレッジをもとにして、収集したデータや情報との関連付け(定義)を行い、可視化・蓄積できます。これによって、インフラ障害時の原因の一次切り分けや基幹業務への影響確認など、管理者や担当のエンジニアといった特定の人に依存することなく確認できるようになります。たとえば、蓄積したナレッジを活用することで、物理サーバAで発生した障害の影響範囲が、業務Aだけではなく業務Bと業務Cにも及ぶといったことを関係者間で容易に共有可能。クラウドサービス、オンプレミスが混在する環境で、それぞれに監視ツールを利用して運用している場合でも、問題発生時の影響範囲を迅速に把握できます。

システムに関わるさまざまな情報を活用した素早いインパクト分析

プロアクティブな障害回避

業務の運用停止につながる障害を未然に回避できるように、業務を実行する環境の稼働状況の変化を検知できます。ディスクの空き容量の不足やCPU使用率の上昇、ネットワークの性能低下、メモリー使用量の増加など、関連するインフラから収集したリソース状況と業務の実行状況をあわせて確認することが可能です。これによって、障害が発生する前の要因の切り分けが可能になり、実行する業務の切り替えや実行環境の変更など、事前対策を迅速かつ効率的に行えます。

プロアクティブな障害回避

目的に応じたデータ活用・可視化による状況把握や情報共有の迅速化

業務の実行状況やアプリケーションの稼働状況、各種管理ツールが持つデータや任意の情報など、システム内のさまざまな情報をREST APIを利用して収集できます。利用者は、個々のデータの構成やインタフェースを意識することなく、必要な情報だけを活用して、ITシステムの統合管理を自分流に進化させることが可能です。統一された共通のインタフェース(REST API)を利用することで、システムごとの運用評価画面を作成したり、システム管理者が見慣れたシステム設計図をベースとした監視画面なども作成できます。

REST API : Representational State Transfer API

目的に応じたデータ活用・可視化による状況把握や情報共有の迅速化

システム全体が問題なく動作しているかどうかを集中的に監視するイベント管理

システムで発生したログの集中監視

システム全体が問題なく動作しているかどうか、WindowsのイベントログやLinux、UNIXのsyslog、任意のアプリケーションのログを1つの画面で監視できます。ホスト名・重要度などの条件でのフィルタリングによって目的に応じた必要なイベントだけを表示できるので、重要イベントの見逃しを防止し、効率よく監視業務を行えます。

通知の自動化(自動アクション)

イベントの受信を契機に、通知やログ採取などのアクションを自動実行できます。たとえば、必要な通知を関係者に一斉に送信することも可能です。
さらに、自動アクションの状態や結果をGUIで確認して、再実行やキャンセルをしたり、特定のアクションだけ一時的に実行を抑止することもできます。

大量イベント発生時の効率的な監視

大量のイベント(イベントストーム)が発生しても、イベントが集約表示されるため、重要なイベントの見逃しを防止できます。また、イベントの集約によってメール通知などの自動アクションが何度も実行されないように抑止することや、管理対象から統合管理マネージャーへのイベントの転送自体を抑止することもでき、イベントストーム発生時の監視運用全体への影響を最小限に抑えられます。

迅速な初動対応への誘導

障害発生時、あらかじめガイドに登録した調査の依頼先(担当者、連絡先など)や対応内容などを表示することにより、迅速・適切な初動対応を可能にします。ガイドを活用することで、調査の依頼先を確認する手間や時間を削減でき、作業者による障害対応のばらつきを防止できます。また、ガイドの内容は運用を止めずに追加・変更できるので、障害対応のノウハウを容易に記録でき、継続的な運用改善へとつなげられます。

従来のJP1/Integrated Management - Managerの機能を同梱しています。

JP1製品と連携したインテリジェントなシステム運用

JP1製品と連携することで、業務の関連性やアプリケーションの稼働状況、インフラの構成情報といったシステム運用に関わるさまざまなデータを収集し、システムで発生するイベントと関連付けて統合的に管理できます。これによって、障害時の影響範囲の特定や原因究明のための一次切り分けを的確かつ効率よく行えます。
さらに、JP1/Navigation PlatformやJP1/Automatic Operationと連携することで、システム運用に必要な手順を可視化し、対処を自動化できます。複数の業務システムがインフラを共有しても、クラウドやオンプレミス、物理や仮想などの異なる環境が混在しても、システムの監視・調査・対策といった一連の運用を効率的に行えます。

JP1製品と連携したインテリジェントなシステム運用

紹介ムービー

システム全体のインテリジェントなIT運用

システム全体のインテリジェントなIT運用

システム全体の可視化

システム全体の可視化

障害の業務への影響を把握

障害の業務への影響を把握

プロアクティブな障害回避

プロアクティブな障害回避

カタログ・資料