ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

JP1 V12 試験における試験出題範囲と試験出題例は、次のとおりです。

試験概要/出題範囲

  • :日立アカデミー(研修受講後の試験)
  • :ピアソンVUE(CBT)
試験概要/出題範囲
認定試験名 出題範囲 出題数

試験時間
合格
基準
受験料
(税込)
試験
実施
JP1認定セールスコーディネーター
※ パートナーさまおよび当社社員が受験対象
「JP1セールスコーディネーター」
講座のテキスト内容から出題
20問

30分
70%
以上
正解
5,500円 日立AC
ピアソンVUE
JP1認定エンジニア 「JP1エンジニア−機能概説−」
講座のテキスト内容から出題
20問

40分
70%
以上
正解
6,600円 日立AC
ピアソンVUE
JP1認定
プロフェッショナル
統合管理 「JP1プロフェッショナル 統合管理1−システム監視−」
「JP1プロフェッショナル 統合管理2−システム設定−」
講座のテキスト内容から出題
30問

60分
70%
以上
正解
8,800円 日立AC
ピアソンVUE
パフォーマンス管理 「JP1プロフェッショナル パフォーマンス管理」
講座のテキスト内容から出題
ジョブ管理 「JP1プロフェッショナルジョブ管理1−ジョブ定義・監視−」
「JP1プロフェッショナルジョブ管理2−システム設定・運用管理−」
講座のテキスト内容から出題
資産・配布管理 「JP1プロフェッショナル 資産・配布管理1−資産管理編−」
「JP1プロフェッショナル 資産・配布管理2−セキュリティ管理編−」
「JP1プロフェッショナル 資産・配布管理3−配布管理編−」
講座のテキスト内容から出題
ネットワーク管理 「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理1−ネットワーク管理基盤−」
「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理2−システムリソース管理−」
講座のテキスト内容から出題
バックアップ管理 「JP1プロフェッショナル バックアップ管理」
講座のテキスト内容から出題
セキュリティ管理 「JP1プロフェッショナル セキュリティ管理」
講座のテキスト内容から出題
JP1認定
コンサルタント
統合管理 「JP1コンサルタント 統合管理」
「JP1プロフェッショナル 統合管理1−システム監視−」
「JP1プロフェッショナル 統合管理2−システム設定−」
講座のテキスト内容から出題
11,000円 日立AC
ピアソンVUE
パフォーマンス管理 「JP1コンサルタント パフォーマンス管理」
「JP1プロフェッショナル パフォーマンス管理」
講座のテキスト内容から出題
ジョブ管理 「JP1コンサルタント ジョブ管理―システム設計編―」
「JP1コンサルタント ジョブ管理―チューニング編―」
「JP1プロフェッショナルジョブ管理1−ジョブ定義・監視−」
「JP1プロフェッショナルジョブ管理2−システム設定・運用管理−」
講座のテキスト内容から出題
資産・配布管理 「JP1コンサルタント 資産・配布管理」
「JP1プロフェッショナル 資産・配布管理」
講座のテキスト内容から出題
ネットワーク管理 「JP1コンサルタント ネットワーク管理」
「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理1−ネットワーク管理基盤−」
「JP1プロフェッショナル ネットワーク管理2−システムリソース管理−」
講座のテキスト内容から出題
JP1認定シニアコンサルタント JP1製品について、トータルソリューションを実現するためのコンサルテーションができるテクニカルスキルを修得したエンジニアを認定します。 資格申請

審査
JP1認定コンサルタントを同バージョン4カテゴリ以上取得し、申請することで認定

試験出題例

試験概要/出題範囲
問題 解答群
例題1 (JP1認定エンジニアより)
次の説明は、統合管理の機能について述べたものである。【    】に入る適切な語句はどれか。

統合管理では、ネットワーク、サーバ、アプリケーションなどの管理を、一元的に管理者の視点で監視することができる【    】の機能がある。
  1. 統合コンソール
  2. 統合監視ビュー
  3. 目的指向型統合ビュー
  4. 管理者視点コンソール
例題2 (JP1認定プロフェッショナル ジョブ管理より)
JP1/AJS3でPCジョブの終了判定を次のように設定した場合の動作として、正しいものはどれか

判定結果:しきい値による判定
警告しきい値:5
異常しきい値:10
  1. 終了コードが 10 のときは、異常終了となる。
  2. 終了コードが 9 のときは、異常終了となる。
  3. 終了コードが 5 のときは、異常終了となる。
  4. 終了コードが −1 のときは、異常終了となる。