Hitachi

ESS REC/ESS AdminControl

JP1 連携プロダクト

製品概要

ESS RECはシステム操作をユーザーの視点で克明に記録し、操作ミスや不正操作の効果的な発見、原因究明と再発防止策の立案を支援します。
ESS AdminControlは、内外のセキュリティ脅威から重要システムを保護する特権ID管理を実現します。

連携内容説明

作業者がサーバに対して作業をする際、ESS AdminControlを使用することで、作業者にサーバの特権IDのパスワードを知らせずに特権IDを貸与することが可能となります。
特権IDを使用した作業者の作業について、ESS RECを使用することで、不正な操作などがないかを監視できます。
ESS RECにて検知する、不正操作などのアラートをJP1/IMへ通知し、JP1/IMにてインフラ監視等の情報と合わせて一元管理が可能となります。
また、JP1/IMからTELstaffで不正操作をメールや電話などで通報したり、JP1/SSやServiceNowに不正操作のインシデントを自動起票することもできます。


画像を拡大する (新規ウィンドウを表示)

標準価格

詳細は ホームページ かメールまたはお電話にてお問い合わせください。

連携するJP1製品

JP1/Intergrated Management (Ver.11)
JP1/Service Support (Ver.11)
JP1/TELstaff AE Professional Edition (Ver.11)

問い合わせ先

エンカレッジ・テクノロジ株式会社