ページの本文へ

Hitachi

日立ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)ソリューション

特集記事

日立HCIソリューションに関連した注目記事をご紹介します。

関連記事

TechTargetジャパン「HCI導入の不安もこれで解消? 製品選びのポイントは「運用管理の自動化」

TechTargetジャパン「HCI導入の不安もこれで解消? 製品選びのポイントは「運用管理の自動化」
HCI選びで失敗しないためにも、運用管理やバックアップなど「使いやすさ」の観点で何を重視すべきかについて、最新事情を交えて識者が説明する。

TechTargetジャパン「そのHCIを10年間使う?次に選ぶべきHCIを山形銀行事例で解説」

TechTargetジャパン「そのHCIを10年間使う?次に選ぶべきHCIを山形銀行事例で解説」
山形銀行はリソース不足に直面していたITインフラをHCIを入れることで刷新した。
同行が選んだHCIとは? 製品選択のポイントとともにお伝えする。

TechTarget「変化に強い企業システムの決定版 HCIは“どこ”で選ぶ?」

TechTarget「変化に強い企業システムの決定版 HCIは“どこ”で選ぶ?」
IT部門に対する経営者や従業員の期待は、“働き方改革”“デジタルトランスフォーメーション”のような企業生活や経営に対する貢献を強く求めるようになっている。この期待に応えるためにはインフラの迅速性や拡張性をこれまで以上に向上させる必要があるが、可能な限りコストは抑えなければならない。そこで注目されているのが「Hyper-Converged Infrastructure」(HCI)だ。

TechTarget「HCIは本当に簡単か「運用」「障害対応」について専門家に聞いた」

TechTarget「HCIは本当に簡単か「運用」「障害対応」について専門家に聞いた」
柔軟性が高く、拡張性に優れ、さまざまな要求へスピーディーに応えられるHCIは、まさに経営者や事業部門が求めるITの世界だ。急速に注目度が増したHCIであるから、ベンダー各社がさまざまなソリューションを提供している。どのような視点でHCIを選定すればよいのかを解説する。

はいたっく2018年1月号「HCIソリューション」

はいたっく2018年1月号「HCIソリューション」
仮想化インフラを容易に利用でき、導入前の検討から設計構築、運用までトータルでサポート。ITインフラの課題を解決する日立のHCIソリューションをご紹介します。

市場動向 (IDCコラム)

IDC アナリストがHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)を語ります!

第1回:急速に普及するHCIとその将来展望

HCIは、仮想化の進展にともない、急速な普及が続いている。
導入した企業の多くが感じている導入効果とHCIの将来展望とは。

第2回:HCIへの期待とベンダーの選定基準

HCI導入前の想定とのギャップや、今後のHCIへの期待から導き出す、ベンダーの選定基準とは。

ANALYST PROFILE

宝出 幸久氏

IDC Japan株式会社 ロゴ

宝出 幸久(ほうで ゆきひさ)
エンタープライズインフラストラクチャ
シニアマーケットアナリスト
IDC Japan株式会社

 エンタープライズインフラストラクチャ市場調査グループにおいて、ハイパーコンバージドインフラストラクチャやコンバージドシステムの市場動向分析や市場予測などを担当。このほか、Software-Defined Storage、ファイル/オブジェクトストレージなどストレージ市場における新規分野の調査を担当している。
 IDC Japanでは、エンタープライズストレージシステムの市場動向分析と市場予測のほか、産業分野別の分析と市場予測などを担当した。また、クラウドストレージサービスやサービスプロバイダーにおけるストレージ需要動向調査など、ストレージ市場における新規分野の調査を担当し、国内市場調査プログラムの拡充に貢献した。