ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

帳票ツール uCosminexus EUR V8:動作環境

動作環境

uCosminexus EURシリーズの製品は、帳票をデザインする開発環境と、帳票を印刷する実行環境の二つに大別できます。 実行環境には、サーバ対応、クライアント対応、分散印刷対応、電子フォーム対応があります。

uCosminexus EURシリーズ製品の動作環境をご紹介します。

  • ※uCosminexus EURは32ビットアプリケーションです。

日立ミドルウェア プラットフォーム対応状況

  • Windows
  • UNIX系OS
  • その他関連情報

仮想化プラットフォーム対応につきましては、こちらまでお問い合わせください。

uCosminexus EURで接続できるデータベース

次に示すデータベースに接続して、データを読み込むことができます。

  • HiRDB Version 9
  • HiRDB Version 8
  • HiRDB Version 7
  • Oracle Database 11g Release 2*
  • Oracle Database 11g*
  • Oracle Database 10g Release 2
  • Oracle Database 10g
  • Oracle 9i
  • Microsoft® SQL Server 2008 R2*
  • Microsoft® SQL Server 2008*
  • Microsoft® SQL Server 2005*
  • Microsoft® SQL Server 2000
  • VOS3 XDM/RD E2(HiRDBクライアント接続経由)*
*
uCosminexus EURのみ接続できるデータベースです。EUR Formからは接続できません。

uCosminexus EUR対応プリンタ

uCosminexus EURでは下記のプリンタを利用することができます。

Windows版
Windows対応プリンタ
UNIX版
LIPSIII対応プリンタ、PostScriptレベル2準拠プリンタ、ESC/P J84対応プリンタ
  • ※プリンタについての詳細は、各プリンタメーカーにご確認ください。
  • * 本ページの掲載情報は、2016年11月現在の情報です。