ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
Hitachi Code Converter

データ形式や文字コードの違いなどを意識せずに文字コードを扱えるアプリケーションプログラムの開発をサポートします。

概要

異なるプラットフォームが混在する環境では、多様な文字コードが使用されます。システム環境の統合や移行では、メインフレーム上のユーザ資産を有効に活用することが求められます。そこで必要となる多様な文字コードの相互変換を実現するのが、Hitachi Code Converterです。
多様なプラットフォーム、文字コード、開発環境に対応し、文字コードを扱うアプリケーションプログラムの開発をサポートします。

*
本製品は、uCosminexus 日立コード変換の後継製品です。

特徴

コードの相互変換

コード変換を行うための関数を、JavaTMクラスライブラリとして提供します。変換できる文字コードは次のとおりです。

コードの相互変換図

*
KEIS、IBMコード、JEFコードおよびJIS漢字コードは、相互変換できません。
*
Unicode(UCS-4、UTF-32)とKEISは、相互変換できません。
*
KEIS2004は、Unicode(UCS-4)とだけ相互変換できます。
*
JIS漢字コードは、Unicode(UCS-2、UCS-4、UTF-8、UTF-16、UTF-32)とだけ相互変換できます。
*
JEFコードは、Unicode(UCS-2、UCS-4、UTF-8、UTF-16、UTF-32)とSJISとだけ相互変換できます。

コードの相互変換図

コードマッピングユティリティの提供

外字コードやベンダ特殊文字の対応を、容易に定義できるコードマッピングユティリティを提供します。運用環境に応じたコードの対応付けを行うことができます。

動作環境・価格、詳細情報

Hitachi Code Converterの動作環境、価格、その他詳細につきましては、Hitachi Code Converterのサイトをご覧ください。