ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

COBOL2002:Linuxの文字コードに対応した機能・サポートサービス

概要

「Red Hat Enterprise Linux」の標準の日本語ロケール(文字コード)はUTF-8です。
シフトJISの環境で開発したCOBOL資産をLinuxのUTF-8環境に移行する場合、文字コードの違い(半角カタカナや日本語の占有バイトが異なる)によりプログラムの改修に多大な工数が発生することがあります。
そこで、Linux版COBOL2002ではCOBOLプログラムをシフトJISで稼働する環境を提供します。本製品を使用することでLinuxへの移行工数を大幅に削減できます。

日本語ロケール、ハードウェアとRed Hat Enterprise Linux(RHEL)の購入先の違いによって、ご提供している製品とサポートサービスが違います。

日本語ロケールがシフトJISの場合と、UTF-8の場合について各商品の内容と注意事項を次にご説明します。

日本語ロケールがシフトJISの場合

日本語ロケールがシフトJISの場合、ハードウェアの購入先の違いによって、ご提供する製品とサポートサービスが違い、それぞれの関係を次に示します。なお、日本語ロケールをシフトJISで利用する場合は、利用条件がありますので、担当営業にお問い合わせください。

ご提供する製品とサポートサービス
ハードウェアとRHELの購入先 製品名 サポートサービス
日立からハードウェアを購入 COBOL2002 Net Server Suite(64) Linux版COBOL2002サポートサービス *1
Shift_JISサポートオプション*2
COBOL2002 Net Server Runtime(64)
他社からハードウェアまたはRHELを購入 COBOL2002 Net Server Suite(64) SJIS対応 Linux版COBOL2002 SJIS対応サポートサービス *1
COBOL2002 Net Server Runtime(64) SJIS対応
*1
製品に対応するサポートサービス商品です。
*2
詳細は担当営業にお問い合わせください

日立からハードウェアとRHELを購入する場合

通常版のCOBOL2002のシフトJIS機能を使用*1することで、実行時の文字コードがシフトJISとなります。ソースファイル、登録集原文の文字コードの見直しが不要になります。シフトJIS機能を使用しないと日本語ロケールがUTF-8の場合と同じになります。
シフトJIS機能を使用するために必要となるサポートサービスは以下です。

Linux版COBOL2002サポートサービス

Shift_JISサポートオプション*2

  • 前提製品として日立コード変換は不要です。

Shift_JISサポートオプションについては、以下を参照してください。

*1
シフトJIS機能の使用方法を纏めた取扱説明書を提供しています。
シフトJIS機能とUnicode機能は併用できません。
シフトJIS機能とCosminexus連携機能は併用できません。
*2
詳細は担当営業にお問い合わせください

他社からハードウェアまたはRHELを購入する場合

他社ハード向けシフトJIS環境用のCOBOL2002のシフトJIS機能を使用*1することで、実行時の文字コードがシフトJISとなります。ソースファイル、登録集原文の文字コードの見直しが不要になります。シフトJIS機能を使用しないと日本語ロケールがUTF-8の場合と同じになります。
シフトJIS機能を使用するために必要となるサポートサービスは以下です。

COBOL2002 SJIS対応 サポートサービス

COBOL2002のシフトJIS機能を利用する範囲で発生する問題についてサポートサービスが受けられます。
前提製品として日立コード変換は不要です。
日立製ハードウェアでも他社からRHELを購入した場合はこちらになります。

*1
シフトJIS機能の使用方法を纏めた取扱説明書を提供しています。
シフトJIS機能とUnicode機能は併用できません。
シフトJIS機能とCosminexus連携機能は併用できません。

日本語ロケールがUTF-8の場合

日本語ロケールがUTF-8の場合にご提供する製品とサポートサービスを次に示します。

ご提供する製品とサポートサービス
製品名 サポートサービス
COBOL2002 Net Server Suite(64) Linux版COBOL2002サポートサービス *1
COBOL2002 Net Server Runtime(64)
*1
製品に対応するサポートサービス商品です。

日本語ロケールをUTF-8で利用する場合、通常版のCOBOL2002のUnicode機能を使用することで、実行時の文字コードがUTF-8になります。なお、ソースファイル、登録集原文の文字コードはシフトJISで記述します。UTF-8の環境で利用する場合のサポートサービスとUnicode機能を使用する条件を以下に示します。

Linux版COBOL2002サポートサービス

  • シフトJISとUTF-8とでは半角カナ、漢字等のバイト数が異なるためソースファイル、登録集原文中の日本語の見直しが必要です。
  • Pro*COBOLの入力ソースはASCII文字コードの範囲内です。
  • 前提製品として日立コード変換が必要です。